2010.09.05

長崎のたび

今日は長崎まで行ってきました。

羽田空港 午前8時20分発
ANA 661便 B767-300でござます。
JA8670

Img_1388
  
 
左側の席を選ぶと、富士山のてっぺんを見ることができます。

Img_1394

名古屋、大阪、瀬戸内、北九州そして福岡を眺めながら、
定刻10時15分、長崎空港到着です。

屋上階の展望デッキへ行ってみました。

Img_1403_2

お腹から貨物を下ろしております。

長崎空港からバスに乗り、お昼前に長崎駅前に到着です。
バスターミナル周辺をウロウロしていると、
「えきまえ食堂」を発見しました。

Dsc00024

定食500円と書かれていますが、店内のぞいてみると、焼酎のボトルが並べて
あったので、「ここなら飲めそうだ」と確信し、めでたく入店となるのです。

Dsc00020

入り口付近の冷蔵ケースに小皿が並べられており、
自由に選べるシステムのようです。

長崎なので、ちゃんぽんを注文です。その前にビール^^
冷え冷えのビールを頂いているうちに、ちゃんぽん
Dsc00022

上の具をつまみにビールを飲み、徐々に下の麺を攻略です。
こうすれば、ちゃんぽん一杯で〆の炭水化物をいただけます。

ビールとちゃんぽんで丁度1000円、かなり満腹となりました。

時計を見ると12時10分前、急いで駅を目指します。

Dsc00025

目指すは長崎市内定期観光バスです。

12時出発の市内めぐりバスで、色々な施設の入場料を含めて
大人3500円とオトクであります。
団体行動が苦手な自分ではありますが、この暑さで一人で
市内をまわるのは苦しいと判断し、こちらのバスを選択です。

原爆資料館、平和公園と続き、車窓から眼鏡橋を眺めつつ、
バスは出島に到着です。

Img_1412_2


Img_1414


Img_1415


教科書で習った出島は島ですが、今では埋め立てられ
陸続きをなっております。
想像していた出島とはまるで違いました^^;

当時の建物が復元され、建物内部も見学可能です。
2階から路面電車が見えました。

Img_1421_3

出島をゆっくり見学した後は、オランダ坂を車窓から
眺めながら、孔子廟に到着です。
Dsc00026

北京の故宮博物院に収められているような国宝級の
品々を見ることができます。
なんでも鑑定団に出したらいくら位になるだろうか?
などと思ってしまいます。

さて、いよいよ最終目的地は
Dsc00027

大浦天主堂とグラバー園です。

Dsc00031

共に百年以上もたつ木造建築が残っているとは
素晴らしいですね。

Dsc00033_2

グラバーさんは麒麟麦酒の設立にかかわっていたらしく、
あの麒麟のモデルとなった彫刻がありました。

約4時間の定期観光バスもここでおしまい。
ガイドさん、運転士さん、ありがとうございました。

帰りは長崎空港18時45分発 ANA670便
Img_1425

大型機のB777-200 JA8199

飛行機に乗り込む前に…
Dsc00037

空港1階の食堂で皿うどんと生ビール^^

Dsc00036

これがまた大盛りでありました。

Dsc00040

飛行機は夕焼けの大村湾を後にし、羽田へ向けて出発、
定刻すこし過ぎた20時30分に羽田空港到着となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.14

神戸の「串焼マンヨシ」

ご先祖様のお墓参りという位置付けで、神戸へやって参りました。

東海道新幹線ひかり号(のぞみじゃないところがケチくさい)は冬晴れの
富士山を横目に、中途半端に停車しながらやっとこさ新神戸へ到着。

車内で飲み疲れながらも、ここは気合を入れ、地下鉄、JRそして
六甲ライナーと乗り継ぎ、「菊正宗酒造記念館」へ。

駅から住宅街を歩くこと数分、目指す記念館へ到着です。
工場見学ではないので、お酒を造っているところは見ることは
できませんが、酒造にまつわる様々なものが展示してあります。

そんでもって最後は、お目当ての「試飲」でございます。
出来立ての原酒でございました。
(ちゃっかり「おかわり」しちゃいました。)

ここまで写真が一枚もないのは酔っ払っていたからではなく、
このブログの存在をすっかり忘れていたからであります。


また来た道を戻り、JR「三ノ宮」駅へ到着。
このあたりは、祖父母の代の本籍地である「北長狭通」という地名で、
初めて降り立った地ではありますが、よさげな飲み屋を探します。
ご先祖様、のんべえで、ごめんなさい。

さて、JR三ノ宮駅と阪急三宮駅のガード下に飲み屋街を発見です。
 
P1000046
 
 串焼マンヨシ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通りを何往復かした後、一軒目はこちらに決めました。
決め手は「100円均一」
立石の100円ショップと重なって見えたもので^^
「100円」の文字に惹かれるのは東西問わずと言ったところですね。

6時まで生ビール250円というのも◎
立ち飲みではなく、カウンターとテーブル席で、
小奇麗な店内は若者向けか。(←もう若くないかオレ…)

P1000052
 
 とりあえずキャベツ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
すべて100円(正確には税込みで105円)とのこと。

P1000049
 
 例外で「どて焼き」を発見!
 
 
 
 
 
  
  
 
 
 
 
 
 
大阪だけでなく、神戸でもレギュラーメニューなのですね。
ビールがクイクイすすむクン

さて、肝心の串の方は、肉・野菜・魚、何でもアリです。

面白いのはソース。二度つけ禁止はそうなのですが、
普通とニンニクソースとタルタルソースの三択可能。

あつかましくも、三種類とも頼めるかも知れませんが、
とりあえずニンニクソースで喰らってみました。

P1000050
 
 ニンニクソース
 (見た目は変わらない)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

カラッとさっぱりした串焼きに、これまたサラッとした
ニンニクソースがばっちし。

100円ポッキリと6時まで生ビール250円という、お財布に
優しいお店でございました。もちろんお味もばっちし!

(日曜日も営業とのこと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.03.28

大阪・天満の「七福神」

串カツ店を探しつつ、運動がてら商店街を見学です。

早い時間から開いている飲み屋さんが多いですね。
そんな中で。すでに満席のお店を発見です。

P1010106
 
 七福神
 
 
 
 
 
 
 
細長いカウンター席のみのお店です。
お店の手前にはウエイティングルーム(笑)がありまして、
店内の席が空くまで待つことができます。

待合室では飲み物だけは注文可のようです。
「生ビール最初の一杯100円」とのこと。
「1人1日1杯まで」と書かれているところをみると、その日のうちに
2回、3回と来る人がいたのでしょうか(笑)

そのウエイティングルームで100円の生ビールを飲みつつ待機。
しばらくして本番席へ案内される。

壁に貼られた品数を数えると40~50種類ほどあり注文に迷う。
その中から「たこ・いわし・あなご・キス」を注文。魚ばっかり(笑)

P1010104
 
 たこ・いわし¥150
 あなご・キス¥100
 
 
 
 
 
 
 
どれも美味しいのですが、個人的には「あなご」が気に入りました^^
 
日本酒の一番高いの(¥300)に切り替えて、次は何にしようか
壁に貼られたメニューを眺める。
 
P1010100
 
 紅生姜と生ふぐ
 
 
 
 
 
 
 
立石の「紅生姜ロール」を想像していたところ、やってきたのは
笹かまのような生姜一枚そのまま。予想外。
そして、一番高そうな(笑)「生ふぐ」¥200

まだまだ飲み食いしたいところだが、残念ながら帰りの新幹線の
時間が迫ってきたので終了です。

こちらのお店から新大阪駅の新幹線改札口までたったの15分、
続いての三次会は「のぞみ316号」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大阪・天満の「正宗屋」

阪急千里線沿線での用事を済ませて、次の目的地「天満」まで。
ちょうど良いことに「天神橋筋六」まで直通運転(にやり)

「天神橋筋5丁目商店街」を散策しながらJR天満駅へ向かう。
活気のある商店街で歩いているだけでも楽しくなる。
とりあえず事前に一軒だけ下調べしていた…

P1010112
 
 「正宗屋」の暖簾をくぐる。
 
 
 
 
 
 
 
ビール大瓶¥350 この辺りの協定価格のようです。
先ほど見た吹田工場製造のスーパードライでしょうか。
ラベルの製造日を確認したところ鮮度抜群^^

壁に掛けられたメニューと黒板メニューをチェック!
聞きなれないメニューが多数登場。その一例として…
よこわつくり = まぐろのこども 
  おばけ   = くじらの皮     などなど…

「平目造り¥500」と「湯豆腐」を注文。

P1010110 
 
 
 
 
 
 
 
  
こちらの湯豆腐、上にとろろ昆布がのっかっています。
 
P1010107
 
 どてやき 1本¥100
 
 
 
 
 
 
ビールがいくらでも飲めちゃいますね^^

お次は「串カツ」を求めて…

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そば定@大阪

今日は大阪までの日帰り出張。
関西人のDNAを引き継ぐ私ですが、飲酒年齢に達してから
大阪に足を踏み入れるのは今回でたったの2回だけ。

新大阪到着後、東海道線で戻って「吹田」まで。
駅前には「アサヒビール吹田工場」 見学&試飲したいなぁ(笑)
などと思いながら、阪急千里線の吹田駅まで歩いてちょうどお昼、
駅前の喫茶店「ルナ」でランチです。

P1010113

 
 
 
 
 
 
  
 
 
そば定(焼きそば定食)が一番人気のようなので、ではそれを。
焼きそば、ごはん、味噌汁、そして漬物、だけ。
焼きそばでメシ喰うのは初体験。関東圏では馴染み薄ですね。

P1010114

 オタフク焼きそばソース使用
 ¥580
 
 
 
 
 
 
 
野菜炒め定食に焼きそばが混入していると思えばよい、かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)