2011.02.14

梅の木

会社からの帰り道、
新川崎を過ぎたあたりから、通勤電車の車窓は雨から雪に。

駅からバイクに乗っての通い慣れた道も、うっすら雪化粧
家に着いたら雪ダルマでした(^^;

ヘルメットに積った雪を落として、ヒーターの前で乾かす。

吉田類さんのTVを見ながらホッピーなど飲んでいたとき、
ふと窓の外に目を向けると


Img_0267_2


本格的に積り始めております。

明日はバスで行かなきゃダメかな。

父が大事にしていた梅の木、早いもので35年が過ぎました。

Img_0238

今年もかわいいい花をつけています。

天国で雪見酒を楽しんでいるかなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.08

金沢八景の「木川」

突然の知らせに驚き、悲しむ。
その日の午後、上司と共に彼が眠る自宅へ向かった。
人事から受け取った地図を頼りに、金沢八景からバスに乗る。
地図に書かれたとおり、小さな川を過ぎた所のバス停で下車。
その小さな川の澄んだ水面には鴨が数羽休んでいた。
高台にある新興住宅街へと続く坂道を上りきる。
静かな夕方の住宅街、振り返れば遠くに海が見える。

まるで眠っているような安らかな彼の顔は、職場で昼寝を
している時の寝顔と何ら変わらなかった。

すっかりと日が暮れた帰り道、バス停へと続く坂道を下る。
家路を急ぐ人が自転車を押しながら坂道を上る。
この坂道から見える綺麗な夜景を目にしたら涙が一つこぼれた。
駅前にある「大衆酒場」とかかれたお店に入る。
ビールを一本、グラスは3つ。上司と、僕と、そして彼のと。
何時かこの3人で飲んだことがあった。
思い出話にするには、あまりにも早すぎる。
じっくりと煮込まれた大根を2つに分ける。焼き物も2本づつ。
カウンターにはグラスが3つ並ぶ。
彼の顔と坂道から見た景色を思い返すたび、
グラスに入ったビールが減っていく。

| | トラックバック (0)

2006.10.12

旨辛仙台味噌ラーメン

出先の社員食堂で昼食。

「10月特別メニュー・旨辛仙台味噌ラーメン」 この「特別」の
文字につられて、ついつい注文。

「バランスの良い食事のために野菜を…」 との貼り紙が目に入って
しまったので、冷蔵ケースから野菜の小鉢をもらいましょう。

「ひじき」にしようか「ほうれん草」しようか…、
迷った末に後者を選択。

F1001067
 
 400円
 
 
 
 
 
 
  
 


 
出てきたラーメンの中に、ほうれん草がたくさん。
 
 
 
「ひじき」にしとけばよかった。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)