2006.05.08

武蔵小杉の「文福」

連休明け、休み中にせっせと作り上げた報告書提出のため川崎へ。
 
再開発が進む川崎駅周辺、駅西口からペデストリアンデッキを渡り、
ミューザ川崎へと足を踏み入れる、とってもオサレな施設だ。
 
夕方出発→直帰を仕組むのは当然で、予定通り業務終了。川崎駅を
最初に出発する電車で、今日の行き(のみ)先を決めることに。
 
改札内の電光掲示板を確認すると、南武線が間もなく出発なので、
それに乗車、では武蔵小杉へ行くことにしましょうか。
 
高層マンション建設が進む武蔵小杉駅周辺、横須賀線電車の駅が
できるのも、そう遠い話しではないらしい。
 
駅前ロータリーから細い路地を抜けて「文福」へ。
 
蒸し暑かったので、よく冷えた「ホッピー」と今日のおすすめ、
  
F1000828
 
 「昭和風の冷奴」を注文。
 
 
 
 
 
 
 
焼き物のいい匂いがしてきました、つられて「シロタレ・レバタレ」も^^
 
ホッピー2杯目を飲み終える頃にお店の戸が開く、どこかで聞いた
声がする。カウンター席から振り返ると、そこにはBさんのお姿が。

お持ち帰りの品を取りに来たとのこと、ちょっとビックリ。

3杯目は「黒ホッピー」を注文、「三浦の春キャベツはいかがですか?」
とのことだったので、それも頂くことに。
  
F1000826
 
 甘味があって柔らか、ウマー^^
 
 
 
 
 
 
 
ホッピー3杯、じゃが丸などいただき、お会計¥2257、
外はまだ明るい、さてと次へ行きますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.25

川崎の「丸大ホール」

今日は川崎の日航ホテルで丸一日講演会、17時終了、
会場は乾燥していて、ノドがからから、ビールビール!
で、「丸大ホール」です。

F1000286
 
 昼に撮影、なんと
 マンションの1階になっていた…
 
 
 
  
 
 
外観は旧店舗と同じで、入口の上にはメニューがずらり。
 
戸を開けると…、6人掛けテーブルが6(だったような)、
厨房は入口右側でした。
 
F1000284
 
 照光式メニュー、
 ずらーり
 
 
 
 
 
 
各テーブル2~3名、皆さん飲酒ご機嫌モード^^
 
まずは「ビール(大ビン)」¥550、お通しは「山菜」、
おねえさんに刺身のオススメを聞くと「さんま刺し」とのこと、
ではそれをお願いします。

F1000295
 
 350えん
 
 
 
 
 
 
 
見た目がキレイですね、なぜかガリが添えられてます。

お客さんが帰られたあと、おねえさんがテーブルから床まで、
念入りに磨いています、床は長尺塩ビ貼り、ピカピカです。

ビールは水冷式で冷やされています、よくみると「一番搾り」、
「スーパードライ」、それと「キリンラガー」の三銘柄。

だまってると「キリンラガー」なのね、男はだまって「サッポロ」
これは加山雄三ですね。

なんてことを一人つぶやきながら飲むビールも格別ですね。
        (↑危ないヤツだな、おれ)
 
大ビン一本急速注入で、すっかりご機嫌モード、お会計¥900
  
・・・・・・

昼間チェックしといた立飲み店へ、生ビールを頼むと間違いなく
発泡酒、やられました。
 
とっとと退散です。

・・・・・・

18時過ぎに「ホッピー仙人」到着、金曜日の「ホッピー仙人」
まったりモードでしみじみとホッピー、ついつい5杯…。

その後、どうやら「お秀」と「ムービースター」へ行ったようですが、
記憶がキレイにすっ飛び轟沈。

関係各位にはご迷惑をお掛けいたしました(^^;

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005.08.11

武蔵小杉の「文福」

「武蔵小杉」、毎日横を通るも駅が無いので下車できず、
(そのうち駅ができるとのウワサが)
その駅前バスターミナルから奥に入った場所に「文福」です。

まずは「生(樽)ホッピー」¥300をグビッと、
F1000023
 「シロタレ」
 キレイに仕込んでます、
 タレがよーく絡み、ウマー^^
 
 
 
 
「じゃが丸」¥250、「カレー煮込み」¥400などを突っついて
いると、アッという間にホッピーが空っぽに。

二杯目は白と黒頼んで、勝手にホッピーハーフ一丁あがり。

ここで珍しいものを見させていただくことに・・・、 

F1000024

 宮崎本店のウイスキー
 
 
 
 
 
 
 
チープなラベルが泣かせます。
「キンミヤウイスキー」(勝手に名付け)味のほうは、まあ何と言うか、
あれですねー。  城東地区のハイボールに調合されているかも?

入店時は他にお客さんは居ませんでしたが、時間が経つにつれて
続々とお客さんが、グループの皆さんは暑気払いかな?

そろそろ次へ行きましょうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)