2007.08.07

軽井沢の「丸屋食堂」

長野県シリーズもいよいよ終盤戦(残念)
本日の目的地は「軽井沢」
 
P1000003
 
 またまた(笑)「丸屋食堂」です。
 
 
 
 
 
 
 
軽井沢最終戦なので、記念に「そば」と「カレーライス」を同時注文。
あと10才若けりゃ「ラーメン」もいけたかも。


庭園を見渡せる窓寄りに着席です。
でかい鯉がゆうゆうと泳ぐ姿を見ながら、漬物を突っつきつつ
お茶をすする。ゆるいお昼前の時間が過ぎていく。

まず一つ目は…
 
P1000005

 カレーライス¥450
 
 
 
 
 
 
 

ご飯の上にはグリーンピースが3つ並んでいますね。
ず~~っと昔にデパートの食堂で食べたような、
そんな懐かしい感じがします。
 
ほどなくして…

P1000004
 
 もりそば¥400
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
ちょっと食いすぎ…
もうムチャできないですね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.18

松本の「鶴」

またまた長野県シリーズ^^

今日は中央東線の特急に乗り込み「松本」まで。
が、「かいじ号」に乗車なので、甲府で途中下車し
ガソリン補給することに。
 
P1010252
 
 白ワイン+こしあぶらの天ぷら
 
 
 
 
 
 
 
「こしあぶら」 今シーズン最後とのこと。
甲府で小一時間の滞在、次の松本へとあずさ号に乗り込む。

松本駅からパルコを抜けて女鳥羽川方面に左折。川の一本手前を
右に曲がってしばらく行くと、細い路地に「鶴」の赤提灯を発見!

居酒屋らしくないそのお店の外観はカラオケスナックみたい。
恐るおそるスナック仕様の重たい扉を開けると…

「いらっしゃ~い」の女将さんの明るい声に安堵する。
知らぬ土地の初めて入るお店ほど緊張するものはない。
まずはカウンターに腰を落ち着ける。

「よく一人で入れたわね。誰かの紹介?」
聞けば一人でふらりと入る客は珍しいとのこと。

さっそくホッピーをお願いすることに。

焼酎は☆2つほど、銘柄は「三楽」の20度
ホッピーは業務用360、凍結の純正ジョッキでヒエヒエ^^

かいじ号、甲府、そしてあずさ号の車内で大量にビールとワインを
摂取したにもかかわらず、三楽20度だからでしょうか、ホッピーが
スルスルとノドを通過する。

あっという間に飲み終えて次は黒ホッピー。
 
P1010250

 
 
 
  
 
 
 
 
よーく見てみると、一杯目のジョッキは星が上にあるタイプ。
 
こちらではホッピーは30年前から扱っているとのこと。
以前は駅近くでお店をやっていたそうだが、再開発かなにかで
こちらに移転してきたとのこと。
客が自分一人となってから色々とお話しをしていただいた。

サワーも「しそ」から「ざくろ」など全て揃っていてさらに驚く。
では、最後の一杯は「ざくろサワー」
 
P1010248
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
よーく見ると「Hoppy Lemon」と書いてあるような。
これは初めて見ました。

冷蔵庫に補充する前に記念撮影をさせてもらいました(笑)

P1010247
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ホッピー白と黒を各1杯、そしてざくろサワー、
お通しと炒め物をいただいて、お会計¥1450

お店を出て、姿が見えなくなるまで手を振って見送って
くださった女将さんの姿が今も目に焼付いています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.06.08

軽井沢の「丸屋食堂」

軽井沢出張(^^) 蒸し暑い東京から1時間ちょっとで到着。
ホームに降り立つと気温17℃、ヒンヤリいい気持ち。

P1010200
 
 旧軽井沢
 
 
 
 
 
 
 
シーズン前の平日とはいえ、わりと賑やかです。
さてと昼メシ。
オサレなお店が軒を連ねる旧軽井沢から町内循環バスに
乗り込み、中軽井沢にある軽井沢町役場方面まで移動。
以前こちらのお店の前を通り過ぎた時に気になっていた…

P1010195
 
 丸屋食堂 
 
 
 
 
 
 
 
国道18号沿い、軽井沢町役場のすぐ横にあります。
 
店内は昭和そのまま。すっごく懐かしい香りがします。
国道と反対側の窓側に座ると池が見え、鯉がゆうゆうと。
まるで料亭みたい(行ったことナイけど。。。)

P1010199

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレー、ラーメン、ソースカツ丼…。メニューたくさんでしたが、
残念ながら「から揚げ」はありませんでした>丸屋から揚げ

さて、お目当ての「手打ちそば」を注文。普段はあまり「天ぷら」を
つけないのですが、ちょっと贅沢して「天ざる」を注文です。

お茶と漬物をつまみながら待つこと十数分…

P1010197
 
 天ざる¥700 
 
 
 
 
 
 
甘いような辛いような独特のつゆがこれまた美味しい。
天ぷらは「えび・しいたけ・山菜」などなど。

ラーメン(¥350)、カレー(¥450)もうまそーだなぁ。
次回行く機会があったら朝メシ抜きにしてセットで喰ってみよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.18

小谷村の「白馬荘」

本日の宿泊は姫川温泉の白馬荘です。
ちょうど2年前にも同じコトを書いてる(笑)

到着後、露天風呂へ直行! すると…
 
P1010174
 
 キター!
 
 
 
 
 
 
 
いきなりきました! 「キハ52 115」 旧国鉄色であります。
 
こちらの露天風呂はJR大糸線のスグ横にあるので、温泉に浸かり
ながらキハ52を眺めることができる。鉄ヲタにはたまらんですな。

ひとっ風呂浴びたあと硫黄臭を漂わせながら、お待ちかねの一杯。

P1010173
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここ姫川温泉は、川を挟んだ向こうが新潟県てことで、
長野県でありながら海の幸も楽しめるってことですね。
 
ビールから熱燗に移行 糸魚川の酒「謙信」へ。
 
P1010172
 
 山菜の天ぷら
 
 
 
 
 
 
 
日本酒がどんどんススムくん^^
「ねまがり」とか「こしあぶら」などなど。
他に聞いたことがないような名前の山菜がずらりと並ぶ。


翌朝はお約束の撮影タイム(笑)

P1010170_1
  
 キハ52 首都圏色
 
 
 
 
 
 
 
部屋から携帯で撮影
 
鉄橋・鉄塔・水力発電所・旧型気動車 
マニアにはたまりません(笑)

こちらの宿に住みつきたくなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.17

松本の「メインバーコート」

時刻は23時、松本の友人と別れて向かう先は「メインバーコート」
 
P1010181
 
 
 
 
 
 
 
 
  
蔵のような(蔵?)造りの扉を開けて、そこから階段を上り、2階に
たどり着いたら一呼吸おいて扉を開ける(緊張しているのだ・笑)

目に飛び込んできたのは、十数メートルはありそうな檜でしょうか
一枚板カウンターと、そしてびっしりと並んだボトルの数々。

カウンターの真ん中の席に腰を落ち着ける。
ご注文は?と聞かれて、しまった!何を頼めばいいのか、
さっぱり分からんちん。とりあえず頭に浮かんだ…
「マ、マ、マルガリータをお願いします」(緊張して舌を噛んでる)
後で思い返すと「マルゲリータ」と言ったかも… 
これピザじゃん・笑

お通しのクラムチャウダーをいただきながら、
ゆったりとした時間が過ぎていきます。

時刻が12時近くになった頃、お隣で飲んでいらした女性二人が
お会計の際に「母と来ました」と話されていた。
母の日のプレゼントでしょうか。素敵ですね。

その親子の方が帰られてから「私も親父と飲んでみたかったです」
私に向かって静かに語りかけてくださいました。
聞けば、照れ臭くて一緒に飲みに行けなかったとのこと。
「私も同じで、親が生きている時は、外で一緒に飲めませんでした」
そう話すと、同じ思いを抱いていたことに、お互い苦笑い。

――――――

3杯目を何にしようか考えていたところ…
「お客様がゆっくりと眠りにつけるものをお作りしましょうか?」
3本のボトルと1本の小さなボトルを並べて見せていただく。
その小さなボトルは「ドイツのソルマックみたいなものです」
とのこと。ラベルが何となくそれに似ている。

おかげ様で、宿に戻ってからぐっすりと眠りにzzz
松本で素晴らしい一夜を過ごすことができて感謝感激^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

松本の「七輪酒家Q」

360ホッピーの生息範囲は甲府まで確認できたが、そこから先、
松本までは特別輸送されている(らしい)

その謎を解明すべく、松本ホッピー事情調査決行(←おおげさ)
ホッピービバレッジのHPを頼りにお店を検索すると、
こちらでは「特製ホッピー」が飲めることが判明。

松本在住の友人を誘い、夜の深志をスキップで行くと…
 
P1010182
 
 赤いドラム缶が目を引く
 「七輪酒家Q」
 
 
 
 
 
 
 
お店の中まで赤いドラム缶 なぜに赤いドラム缶(^^; 
 
店内にはあらゆる酒がディスプレイされているが、
ここはひとつ「特製ホッピー」¥350を注文。

P1010186

 
 特撰(特製)ホッピー ¥350
 
 
 
 
 
 
  
残念ながら360ホッピーではなかったのだが、店主ニコニコ顔で
提供してくれたホッピー、中がシャリシャリ(^^)

特製とは、焼酎シャリシャリのホッピーの事だったのだ。
氷を入れると薄くなるから焼酎を凍らせているとのこと。

店名に「七輪」とあるように、テーブルの上に七輪を置いて、
焼き物が楽しめるとのことだが、煙たくなるのを避けるため
満場一致(2人だけだが)で「つくね」を注文。

P1010183
 
 炙りつくね¥450







不思議な食感。肉の旨みがギュっと詰まっていてホッピーが
グイグイと進んでしまいますな。
 
 
♪松本ぼんぼん城のまち~ と、鼻歌まじりで次へと向かう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.03.15

長野の「やきどり叶屋」

二軒目はホッピーでも飲みに行きましょうってことで、
ホッピービバレッジHPの飲める店に紹介されていた
「やきどり叶屋」

P1010074

 
 
 
 


 
長野駅から長野市役所方面の南千歳町の信号を右に曲がった
路地にあり、煙りモクモクですぐに所在が判明。

カウンター8席ほどの店内、メニューはズバリ「やきどり」
焼鳥ではなくて豚モツ系のことですね。

P1010073

 
 
 
 
 



 
 
ではさっそく「ホッピー」から。業務用は取扱いがないらしく、
「330」となりますが、ジョッキは純正ホッピージョッキ。

冷凍庫から取り出されたジョッキはキンキン、焼酎は寶が一升瓶
のまま冷蔵庫に冷やされています。ホッピーも冷えひえ^^

で、その焼酎の量は☆2つを越える横須賀仕様!
330ホッピーがぴったり一本ジョッキに納まるのだ。
 
濃ゆいホッピーの友は「シロタレ」です。


P1010066








一人前4本で500円となります。


長野でホッピー(ちょっと危険な・笑)が美味しく飲めるお店でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.03.14

長野の「蕃龍麦酒楼」

今日は長野市までやってきました。
長野勤め時代の同期友人と「蕃龍麦酒楼」へ

P1010084
 
 

 
 
 
 
 
中華料理屋さんと聞いていたが、「メニュー変わりました」の貼り紙…。
「ジンギスカン専門店」になったとのこと。
「信濃ビール+餃子」を主目的としてきたのだが、ジンギスカンでもOK

広くてゆったりとした店内、テーブルの上にはカセットコンロが常備。
メニューに目をやると、「餃子」ありました^^ 一杯目は…

P1010080
 
 ドラゴンエール
 
 
 
 
 
 
 
適度な苦味、餃子に合いますねー

P1010075
 
 餃子¥190
 
 
 
 
 
 
瞬く間に一皿ペロリ。二人前追加注文しちゃいました。

で、お次はジンギスカン。お店の人にオススメを聞くと
「ぜひ生ラムを」とのことで、それを注文。

P1010078
 
 一人前¥700
 
 
 
 
 
 
「かたくなるから焼き過ぎないようにしてくださいね~」とのこと。
各自担当する「My肉」の焼き加減に集中する。無口になる(笑)

この「生ラム」、生後1年未満の羊とのこと。
かなりブ厚いのだが、とても柔らか。

他にも「信州新町流にんにくたっぷり漬込みジンギスカン」が
あったのだが、明日も仕事なので泣く泣くパス。

ジンギスカンに良く合うとのことで「モンゴリアンエール」を注文
信濃ビールは5種類あって、結局全部注文^^

P1010076
 
 〆は「黒姫スタウト」
 黒ビール
 
 
 
 
 
 
次また長野へ行く機会があったら休みの前日にしよう。
「信州新町流」のために(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.08.20

駒ヶ根の「玉龍飯店」

キャッチフレーズは「アルプスがふたつ映えるまち」
長野県駒ヶ根市は中央アルプスと南アルプスに
囲まれた伊那谷にある美しいところ。

駒ヶ根市ではこの「ソースカツ丼」を名物にして
売り出しているのだ。

F1000999
 
 玉龍飯店
 
 
 
 
 
 
 
JR駒ヶ根駅前から商店街を抜けて徒歩5分ほど、
郊外大型店の進出で商店街の人通りはまばらだ。

市内ほとんどの食堂でこの「ソースカツ丼」を食べることが
できる、各店工夫を凝らして味を競っているのだ。

そんな中でもこちら「玉龍」のソースカツ丼
そのボリュームに圧倒される。

F1000998
 
 味噌汁・お新香付で950円
 
 
 
 
 
 
 
(超)厚切りのお肉はとても柔らか、適度に脂身が
あり、甘めのソースと相性がよくウマー^^


引越し荷物を送り出してから、4年間住んでいた駒ヶ根を
離れる最後に食べたのも「ソースカツ丼」

あの頃のことを思い出して「また駒ヶ根に住みたいね」
などと連れに話したら、「それは絶対に無理よ」 だと。

なんで?と聞くと、「駒ヶ根には立飲み屋が無いから、
もうあなたは住めないよ」

…なんとも複雑な気持ちだ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.19

富山の「きときと寿し」

富山大出身の元会社同期のお気に入り「きときと寿し」
あまりにも自慢(笑)するので、同期の皆と車で3時間も
かけて富山まで食べに行ったものだ。

それ以来 「富山=きときと寿し」 脳ROMに焼かれてしまった。

白馬まで遊びに来たのだが、脳ROMから「きときと寿し」
情報が呼び出されてしまったので姫川街道を北上。

糸魚川IC付近で「きときと寿し糸魚川店」を発見! したが、
まだ開店時間前だし、やっぱ富山で食べなくちゃね。

国道8号を西へと向かい、親不知を越えて黒部市へ。

F1001005
 
 きときと寿し黒部店
 
 
 
 
 
 
 
開店時間の11時に到着。アブチャンやツカジョージ、
アキバチョフの姿は無かった。

まずは潤滑剤の「生ビール」¥330、それと「ブリ・ハマチ」
ネタの大きさに毎度おどろく。

他に「アジ・サバ」のヒカリモノなどなど。

開店時にはお皿があまり回転(笑)していなかったが、20分も
過ぎると席は8割方埋まり、お寿司もたくさん回転。

腹いっぱい食べてから、次はお魚つながりで「魚津水族館」へ。
 
F1001004
  
 入場料おとな730円
 
 
 
 
 
 
 
では「ホタルイカ」について勉強しましょう。
 
F1001002
 
 スイッチを押すと光ります
 
 
 
 
 
 
 
外敵に襲われそうになったら光を放ち、その直後に逃げるとのこと。
相手は光の残像の方へ向かうので、ホタルイカ君は助かるそうです。

なるほどなー思ったら…
 
F1001000
 
 ブリ・ハマチ
 
 
 
 
 
 
 
先ほど食ったので、どうしても君たちが寿司に見えちゃう、ごめん。

お寿司を食べた後に水族館、これ楽しいかも。
逆に水族館で見た後だと食べられなくなるかな(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)