2006.11.25

門前仲町の「ゆうちゃん」

以前こちらでいただいた「アジ刺し」が忘れられずに再訪です。

門前仲町6番出口から、スーパー赤札堂の手前までの細い
路地にはお店が十数軒あり、共同トイレが整備されています。

F1001186
 
 ゆうちゃん
 
 
 
 
 
 
 
その細い通りの中の1軒、ホッピー旗が目印です。

店内はカウンターに6席、「寒いからストーブのそばへどうぞ」
ご主人が優しく迎えてくれました。

「ホッピー」¥350を注文。「ちょっと入れ過ぎちゃったー」
笑顔と共に出てきたホッピージョッキには、焼酎が上のほうまで
たっぷりと。ホッピーを入れても色が付かない(笑)

お店の皆さんと大笑いしながらホッピーをいただきます。

続いて「アジ刺し」をお願いすることに。
「イワシもありますよー」との言葉に、思わず両方頼みそうになる。

F1001202
 
 ¥450 
 大盛りです^^
 
 
 
 
 
 
 
壁に貼られたたくさんのメニューから、「牡蠣の天ぷら」を発見。
「牡蠣は鍋でもフライでも何でもやりますよ」 とのこと。

F1001201
 
 三陸産 牡蠣の天ぷら
 
 
 
 
 
 
 
軽く塩をふっていただきます。天ぷらとは珍しいですね、初体験。
牡蠣の旨みがじゅわーっと口の中に広がります、ああ幸せ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.04.25

森下の「山利喜」

いつものように、二軒目を探します。

隣の「山利喜」を目指すも満席、では「魚三」へとヨタヨタと移動、ここも満席、残念。

では新規開拓ということで商店街をブラブラ。

もつ焼きの店を発見して入店するも、今ひとつ感動が無く、さっさと退散。
今回は鼻が利きませんでした。

F1000018

そこで「山利喜」へ再度アタック。

新館なら空いているとのことで、席を確保していただきました。

交差点を渡り、徒歩2分程で新館に到着です。

RC造(みたいでしたが、ふかし壁か?)、お洒落な内装、旧館とは大違いですが、落ち着いた店内です。

2階はテーブル席に案内されました。
1階はカウンター席で、3階まであるみたい。

F1000014

飲み物は「樽詰生ギネス」1pt ¥850です。
他には「生中」¥500、焼酎などなど。

樽ギネスは初めて飲みました、
美味しいですね。


まずは「煮込み玉子入り」¥550+「ガーリックトースト」¥220を注文。

こちらの煮込み、ガーリックトーストと実に良く合います。

この取り合わせを考案した人は表彰モノですね。

よく味が染み込んだ玉子もビールのつまみにピッタリ。

F1000012

他には「こはだ酢」¥500などを注文、これまた酢の具合が丁度よく、また量も多くて満足です。

で、なぜか「ブイヤベース」¥1100

下町酒場でブイヤベースとは恐るべし、注文する人もまた、恐るべし。

新館とはいえ歴史ある居酒屋さん、新メニューを続々投入するあたり、繁盛店であるのもごもっとも。
また、客層も30代前後が多く、うち4割近くが女性でした。

お店の人も若くて元気が良く、気持ちの良い対応
二軒目のイマイチを補ってもらえました。

1時間程の滞在、お会計6人で1万円前後でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

森下の「みの家」

F1000028

今月の打合せは桜鍋と決まり、森下の「みの家」となりました。

都営新宿線の森下駅A4出口より徒歩数分、桜鍋のお店です。

木造の古い造りですが、手入が行き届いていて居心地と雰囲気は最高です。

まずは「ビール」¥600で乾杯、つまみは「玉子焼」¥500、「馬刺し」¥1800、「いたわさ」¥300、「あぶらさし」¥1200、「冷やっこ」¥300などを6人に対して各2~3人前注文。

いつもながらよく食う集団だ。

F1000030

ビールから「熱燗」¥400、「冷酒」¥500に切替、銘柄は白鷹でした。

 お目当ての桜鍋、「ロース」¥1800、「ヒレ」¥2000を各二人前注文。
味噌仕立ての鍋で煮込みます。先に肉を煮てから野菜を入れるようです。

吉原の中江とはまた違った方式で、新しい発見です。

肉は厚切りで食べごたえがあります。

最後はしっかり〆ご飯、残った鍋に玉子をといて、少し煮込みます。

半熟で火を止めて、それをご飯にかければ、「桜煮込み丼」の完成です。
ちょっと辛めになってしまったが、その深い味わいに一同ため息。

約1時間半の滞在、大満足のうちに今月の打合せは終了となりました。

これで終わることはなく、まだまだ続く・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)