2007.08.21

立石の「秀」

今日も猛暑日
誰かと行き会うたび、ついて出る言葉は「暑いですね~」
出先の京成線からの帰り道、たまらず「立石」で途中下車。
渇いたのどを潤すには、ちべたいホッピーですね。

開店時間の17時きっかりにお店前に到着。

「あれっ? 情報入っていませんか?」と、マスター
聞けば生(樽)ホッピーに「黒」を導入したとのこと。
白、黒、そして白黒ハーフまで生(樽)可能となりました^^

P1010024

 ではハーフで
 
 
 
 
 
  
 
きめ細やかな泡は、さすが生(樽)のなせる業ですね。

せっかくなので、2杯目は「黒」
キンミヤ25度、濃い目なので効いてきます。

あっ、これから飲み会の予定が入っていたのだ。
食前酒を通り越してる。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.03.05

春の嵐@立石

今日は非常に風が強い荒れた天気。
杉の山からは黄色い粉が飛んでるのが見えるほど。

駅を降りたら雨がポツポツ降り出してきたので「呑んべ横丁」を
駆け足で抜けて「秀」へと吸い込まれる。

P1010051
 
 「樽ホッピー」
 
 
 
 
 
 
 
テレビのニュースではトラックが強風の影響で横転している
映像が流れている。すると、突然停電。

原因を探ると、お店入口のホッピー提灯が風雨のため漏電した模様。
「(漏電の)検知が作動していたので漏電みたいですね」と説明する。
「お客さん、詳しいですね」
「はい、電気屋ですから(笑)」

無事復電。
電気がないと困りますね。冷えたホッピーが飲めなくて。

強風のため表に出せない看板が店内にありました。
 
P1010052a
 
 「生ホッピー」
 
 
 
 
 
 
 
浦和で見たのと同じ物ですね。

樽ホッピー3杯でいい感じに暖まりました。
電車が止まらないうちに帰りましょう。
 


 
串百のマスターと目が合ってしまいました(笑)

「おーっ、目があっちまったなぁ。素通りできねえよなぁ」
はい、できません(笑) マスター相変わらず舌好調です。

P1010046
 
 
 
 
 
 
 
 
おまかせ6本と酎ハイ2杯でちょうど千円。
などと考えながら、さてと今度こそ帰ろうとしたところ、
「おうっ、もう帰るのかっ」
いいえ、もう一杯いただきます(^^;
結局、紅生姜ロールと餅チーズを追加して満腹状態。

雨はさらに強くなってきました。
不通にならないうちに西馬込行き電車に乗り込む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.23

京成線・京急線 2007-01

2007年の初京成沿線途中下車の旅。立石からスタート。

17:20開始
「中みっちゃん」 オープン1ヶ月、メニューが増えたそうです。

F1001317
 
 
 
 
 
 
 
 
F1001321
 
 火鉢
 
 
 
 
 
南部鉄瓶で飲むお茶って美味しいですね。
 
 
F1001320
 
 イワシのなめろう¥300
 
 
 
 
 
 
握りこぶし1.5倍(自分比)の超大盛り。
 
 
F1001318
 
 餃子¥300
 
 
 
 
 
 
 
皮は薄くてパリッ、中はシャキシャキ野菜


次は20mほど移動して「宇ち多゛」

F1001314_1
 
 梅割り+煮込み+シロタレ+大根酢
 
 
 
 
 
 
 
次はホッピーを求めて「秀」
 
F1001313
 
 樽ホッピー+ポテサラ
 
 
 
 
 
 
 
ポテサラにはソースをかける派です。
 
  
びゅーんっと京急直通・新1000形 Powered by SIEMENS
VVVFね(笑) 横浜乗換え日ノ出町
 
F1001306
 
 湘南ビール
  
 
 
 
 
 

F1001304
 
 
 
 
 
 
 
 
最後は「シシリヤ」

F1001303
 
 ドーンと1.5リットル
 
 
 
 
 
 
 


F1001302
 
 
 
 
 
 
 
 
 

23:50終了 あれっ?なんで石川町なの???
関内駅から間違って反対方向の電車に乗車。
やっちまいました(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.26

立石の「中みっちゃん」

今年最後の立石ぶらり途中下車の旅。

立石仲見世商店街を散策、見慣れない赤い提灯を発見。
  
200612251636
 
 中みっちゃん
 
 
 
 
 
 
今月20日オープンとのこと。さっそく吸い込まれる。

6畳間ほどの立ち飲み空間。決して広くはないのだが、
これがかえって落ち着く感じ。

「生ビール」¥350、「ピリ辛こんにゃく」¥200を注文。
代金はそのつど現金払い。

お隣で飲んでいらっしゃる築地生まれの大先輩、この
ピリ辛こんにゃくに興味津々。おひとつドーゾと食べて
いただいたところ「うわっ、ビリビリきたよ、ビリ辛だね」

わっはっはと笑いながら、初めてお会いしてもお互いに
楽しく飲める酒は最高。せまい空間だからこそですね。

「もつ煮込み」を注文、たっぷりのネギの下にはあっさり系
スープが見えます。それにしてもハンパじゃない量(^^)

200612251617
 
 
 
 
 
 
 
壁のメニューを見渡すと「生鮭ムニエル」「鯖西京みそ漬」
「真鯵の開き」各¥300などなど。

開店時間は今のところ15時頃~終電までだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.08

立石の「秀」

秋の夕日はつるべ落とし、陽も気温も落ちた18時前に立石到着。
暗いほうが「ホッピーちょうちん」映えますね。

F1001129
 
 「秀」 江戸っ子の向かい
 
 
 
 
 
 
 
ホッピーのぼりが目印。

F1001127_1
 
 キンミヤ+樽ホッピー
 
 
 
 
 
 
 

ホッピー3杯飲み終えたころ、偶然にも前回蒲田でお会い
した方と再会。祝してホッピー4杯、さらに5杯(笑)

「キンミヤ一升ビン」キープできます。お値段¥3500
期限については今のところ無期限だそうです。

ホッピー5杯と煮込み、大根サラダで二千数百円。


20分後…

F1001125
 
 八広途中下車
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
F1001123
 
 すいとん
 
 
 
 
 
 
 
 
ハイボール2杯いただきました。若干記憶薄。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.22

京成線・京急線

なんだか「煮込み」が食べたくなりました、ふらっと「立石」へ。

F1000917
 
 「宇ち多゛」
 
 
 

 
 
 
待ち時間ほぼゼロで、大なべ前に着席。

「煮込み」と「大根」、これを交互に食べるのが好きなのだ。
「梅割」がスルスルしみ込むが、二杯でやめておこう。約15分・680円


今度は「シメサバ」が食べたくなりました。

上り電車に乗り込み「八広」へ、「日の丸酒場」の暖簾をくぐる。

F1000916
 
 300円
 
 
 
 
 
 

いか刺しもっ
 
F1000914
 
 300円
 
 
 
 
 
 

コハダもいっちゃえっ

F1000913
 
 300円
 
 
 
 
 
 
 
 
バツグンにうまい、しめ加減が好きだな~。
 
 
F1000912
 
 最後に「春巻」
 
 
 
 
 
 
 

おなかイパーイ、ハイボール3杯で約2300円

帰り際に「あの~、前に…」と言いかけたら、お店の奥から以前忘れて
帰ってしまった「かさ」を出してきてくれました。

かさの柄に「ホッピーシール」が貼られていたので分かったそうです、
大変お世話になりました。ペコリ

さて、次は鐘ヶ淵方面へと思ったが、今回は顔面損傷の事態を回避
するべく、意識あるうちに横浜まで帰還することに。

ほどなく「久里浜」行き電車が入線、新1000系だ。
 
F1000910
 
 
 
 
 
  
 
一時間後には…
 
F1000909
 
 無傷で帰還
 
 
 
 
 
 
 
横浜での最初は「生ビール」から

F1000906
 
 今日のオススメ「天ぷら」 
 
 
 
 
 
 
 
塩でいただきます。 さくさく、たまりません。

お隣りにすわるYさんが「オムライス」を注文、では僕も。

F1000902
 
 
 
 
 
  
 
 
今日はちょっと飲み食いしすぎたみたい。

が、お店を出て歩いているうちに消費、最後にもう一杯。

F1000900
 
 〆炭?「亀田のソフトサラダ」
 
 
 
 
 
 
 
気がついたら最終バスの時間、どうやら雨が降り出してきた様子、
先ほど八広で引取った「かさ」、今夜は忘れることはなさそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.02.28

立石の「ゑびす屋食堂」

人形町で用事があり、ついでに駅周辺をぶらぶら散策。

交差点名に「甘酒横丁」とあったり、新旧の建物が混沌と
建ち並んでいたりと、見て・歩いているだけで楽しくなる。

そんな中で行列を発見。

F1000702
 
 看板には「しゃも鍋」とかいてあります。
 
 
 
 
 
 
 
行列の先頭には「玉ひで」の入口、開店を待つ長い行列でした。

「よくテレビで親子丼が紹介されているお店か」、
後から思い出した。 

お店のHPを見てみると実に美味しそう、
いつか行ってみたいな。
 
人形町での用事を済ませてから、千葉ニュータウンへ向うため、
都営浅草線の下り電車に乗り込む。
 
途中の立石駅到着の手前、車内でなんだかソワソワとしている
怪しい人影を発見、よくみると「T氏」だー。

ホームに降り立つT氏、電車のドア越しに声を掛けると
ビックリした様子、これから昼メシとのこと。
 
ではお供しましょう、発車間際の電車から急いで降りる。

準備中の「宇ち多゛」、仕込みで忙しい「ミツワ」、本日臨時
休業の「栄寿司」などを眺めながら「ゑびす屋食堂」へ。

F1000700
 
 ちょうど12時に入店
 
 
 
 
 
 
 
「まぐろほほ肉ステーキ定食」¥700を注文。

F1000701
 
 T氏は「生姜焼き定食」¥700
 
 
 
 
 
 

昼の部終了、午後も仕事なのでホッピーは夜までお預け(笑)
夕方再会の約束をして、T氏は京成本線、僕は北総線へ。
 
 
  
夕方、千葉ニュータウンでの用事が終わり、再び立石途中下車。

F1000695
  
 「ゑびす屋食堂」昼夜
 ダブルヘッダー(笑)
 
 
 
 
 
「ホッピー」¥360を注文、ホッピージョッキでした。
 
今日は早上がりだという地元にお住まいのオトモダチも
お見えになり、葛飾の駄菓子屋事情を聴取(笑)
  
昼に続き「生姜焼き」単品を注文、ほか何やらをいただきました。
 
昨日のことなのに何を食べたのか、記憶が全くありません、
>気になる脳年齢(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.02.13

立石の「おおくぼ」

F1000461
 
 ニホンシトロンケースが
 目をひきます
 
 
 
 
 
店内カウンターに十席少々、4人掛けテーブルが4つほど、
清潔感ある、ほどよい広さ。

F1000460
 
 レモンハイ
 
 
 
 
 
 
ニホンシトロンをドボドボ注入。
 
「マカロニサラダ」、上品な味付けです。 
 
F1000458
 
 玉子焼き
  
 
 
 
  
 
丁寧に作られています、ダシが効いていて美味しい^^

F1000457
 
 ハイボール
 
 
 
 
 
 
「酎ハイ(ホイス)」とありました、焼酎とホイスとを
調合しているみたい。
 
F1000459
 
 にごり酒 
 
 
 
 
 
 
お値段たしか¥320、銘柄はなんだったけか。

「イカの塩辛」、自家製とのこと。
新鮮なものを浅漬けで仕上げた感じです、日本酒の友ですね^^

60前後のご夫婦だけでやってらっしゃるみたい、優しそうな笑顔が
印象的なお二人でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.12.23

立石の「おでん二毛作」

立石「宇ち多゛」のはす向かいにあるこちら、昼は惣菜屋
夜は「おでん屋」居酒屋に変身です、開店は21時~。

今まで話しには聞いていましたが、この時間まで立石に
滞在すること自体が難しいので、この度やっと来ることが
できました。

F1000454
 
 風除けか目隠しか、  
 簾が目を引きます
 
 
 
  
 
商店街の通りに面しているので、ほぼ屋外と言ってよい
でしょう、寒風が容赦なく吹き付けます。
 
そこで…

F1000449
 
 足元に七輪 
 ぽかぽかです 
 
 
 
 
 
テーブルの下に暖房設備を設置してくれました、
こりゃぁーエエわい、スルメでも炙っちゃおうかな。
 
F1000448
 
 お通しは
 牛スジ大根
 
 
 
 
 
ちょっと濃い目の味付けで、熱燗がすすみます。
 
では店名ズバリ「おでん」いただきましょう
 
F1000446
 
 澄んだ煮汁が
 印象的です
 
 
 
 
 
これがまたしっかりとした味に仕上がっていました。 
 
何しろ寒いです、アツアツのおでんでしたが、数分で冷めて
しまいます、熱燗も、いつの間にかひやになってしまうから、
サッと飲み干します。

メニューを見渡すと、ビール、サワー類、焼酎からカクテル
まで、多種多様です。

おっ、カレーがあるではないですか

F1000443
 
 「なぜかおでんやさんでかりー」
 (メニューそのまま)
 
 
 
 
 
「おでんもいいけどカレーもねっ♪」

以前の「おでんや」でもそうでしたが、「おでん」と「カレー」の
組み合わせ、何でだろう?

さて、その「かりー」¥600ですが、非常にコクがあって
美味しいです、和風だしに秘密があるのかな?

モツだけではありません、「おでんとカレーの街」@立石。
 
ラストオーダーは24:30、閉店は25:00、横浜市民に
とっては難関なお店ではありますが、帰宅電車の時間を
しっかりチェックして、理性のあるうちに…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.22

立石の「おでんや」

今日は出先より(強引に)直帰につき、立石で途中下車。

17時過ぎに立石到着、「宇ち多゛」、あらま行列ができてます、
それなら先に「ミツワ」へ行ってみましょう。

「ビール(大ビン)」¥500、気合が入った冷え具合で満足。

刺身は「アジ」、「サンマ」、「シメサバ」、ヒカリモノばんざい!
この3品盛りで¥500、焼き物は「鰻くりから」¥280、
「シロタレ」¥170、満足度非常に高いですね。

さて次は「宇ち多゛」へ、「梅割り」、「煮込み」、「大根お酢」、
「レバタレ」で、サクっと終了。

やっぱり足が向いてしまいます、「ゑびす屋食堂」ですね、
メニューを見渡すと、「湯豆腐」が始まったようでした。

ホッピーと一緒にいただきまーす。

こちらの湯豆腐、一人前土鍋で出してくれます、嬉しいですね。

テレビでは「NHK歌謡コンサート」が、今日会場のNHKホール
には、「ずら母」が見に行ってます、ダ・カーポの追っかけ(笑)

「ほうれん草ベーコン」など突っつきながら「ホッピー」追加、
おっと、ダ・カーポ登場です。うちの近所に住んでたので、
よくお見かけました。

さて「三平」で「黒ホッピー」を飲もうと潜入を試みるも、休前日
につき満席、では最終目的地の「おでんや」へ行きましょう。

「鳥房」の奥にある「呑んべ横丁」、その入り口にあるこちら、
カウンターに10席弱、小上がり一つでこじんまり。

ではまず「おでん」、煮汁は薄めの色で、味付けも上品、
「大根」と何かをいただいた(記憶障害)

お店は「おでんや」だけど、メニューには「キーマカレー」
 
F1000269
 
 
 
 
 
 
 

レタスと一緒にいただきます、コレ、美味しい!

カレー好きにとってはたまらないお店かも、では続いて
「カレー・もやし・たまご」(名称記憶障害)、いや、参りました。

おでんだけかと思いきや、このハイレベルな品々、
「おでんや」、恐るべし・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)