2007.12.12

浅草の「酒の大枡」

雷門すぐそばにある「酒の大桝」

浅草あたりをブラブラしている時、昼から営業しているので、
休憩がてらチラリ立ち寄って飲むのに有難いお店です。
建物の裏手から入るとオシャレな居酒屋にしか見えないけど、
表の看板は酒屋さん。

季節ごとにキャンペーンを実施しているようで、10月は
地ビール祭りなどを開催していました。
 
P1000105
 
 売り場には各地のビールがずらーりと
  
  
 
 
 
 
 
全て店内の席で飲むことが可能であります。
 

驚きはこれ↓ ワサビドライ

P1000106
 
 グリーンだョ
 
 
 
  
 
 
 
岩手県の遠野で作られている地ビール(正式には発泡酒)のようで、
お味のほうはと言いますと、「ワサビ」そのものでした(笑)
 
 
さて、本日は店先で威勢のいいお兄さんが浅草神社でのお神酒で
あるという「三社権現社」なるお酒を販売しております。

試飲させてもらおうかと思ったが、がっちりと飲むことに。

店内に「琥珀エビス・樽生」のはり紙が…
こういうオススメ品的な誘惑に弱いので、まずはコレから。

P1010272
 
 600円
 
 
 
 
 
 
 
 
和風つまみ三種盛り 500円
P1010271
 
 中身は時期によって違うそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
イカの塩辛に刻みネギとゴマ油で風味をつけ、
日本酒にピッタリなつまみでした。
これは自宅でも真似してみたいと思えるスグレモノ

樽出し三社権現社をマスでいただきマス(寒)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.08.21

浅草の「うまいち」

「大林」を出て、また浅草方面へ戻ります。
(おいおい4軒目だぞっ)

F1000031
 
 
 もつ焼きの「うまいち」
 
 
 
 
 
 
 
自家製炭酸の「酎ハイ」¥300、ドライ感がステキです。

焼き物は一皿¥400前後、量が多いので一人だとキツイかも。

F1000027
 
 
 「シロ焼き」 見事です

 ナンバーワンと言っても
 過言ではないでしょう。
 
 
 
 
  
F1000029
 
 
 「テッポウ」 いい仕事してます
 
 
 
 
 
 
「テッポウ」は辛目のタレにつけていただきます、歯応えは
あるけども実に柔らか、「酎ハイ」が進みます。

他にも「カクテキ」、「つくね」、「ガツ刺し」などを注文です、
いつもながらマスター、最高ですよ。

駅から遠いので行くには不便ですが、たまには「うまいち」
エキスを注入して、日々の激務の活力としましょう(←うそ

お会計一人あたり千数百円でした。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005.01.09

浅草の「うまいち」

20050107_2015_000どじょうの後は、もつ焼き「うまいち」です。

カウンター8席にテーブル2つ、マスター1人の小さな店です。飲み物は生とか熱燗もありますが、やっぱり酎ハイ¥300です。クリヤーでレモンが少し効いています。

「カシラ」「テッポウ」「ナンコツ生」を頼む。一皿だいたい¥400で、焼き物は4本きます。ナンコツ生は、独自のタレにショウガとおろしニンニクがついて、盛り付けもキレイです。残念ながらテッポウは売り切れです。ここのテッポウはとてもウマイので、開店時間(17:30)にまた行きましょうか。

シロ生(写真)とカクテキを頼みます。シロ生は軽くゆでてあり、ニンニクの効いた辛目のタレに付けて食べます。食感、うまみ共に最高の逸品です。

他には「もやし¥200」や「キムチ¥300」等もありますが、モツはその日により無い物もありますので、マスターに聞いてみましょう。

お会計一人あたり¥1400でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.01.08

浅草の「飯田屋」

dozeu仕事始めの今日(1月7日)は、職場の写真部で散歩がてら浅草までやって来ました。

初めて食べる「どじょう」は「どぜう飯田屋」です。店の中は見かけよりも広く、私達は2階に通されました。

まずはビールとひや、焼酎のボトル(麦)を頼む。職場からずっと歩いてきたので疲れました。一気にビールを飲み干します。

8人で、どじょう鍋を4人前注文します。身の赤いところが消えたら食べて下さいとのことで、しばし煮込む。どじょうの上に盛りだくさんのネギを一緒に煮込みます。ちなみにネギは無料とのこと。

鍋が出来る前に、「卵焼き」「うなぎと酢のもの」「どじょう唐上げ¥840」などをいただく。卵焼きはふっくらで、ダシが良く効いています。うなぎと酢の物は、両者の相性がバッチリでした。から揚げは小さいどじょうをから揚げにしているので、味のほうは小魚みたいでした。

鍋が煮えてきました、初めて食べるどじょうの感想は、煮込んだネギとダシがよくからんでいて、さっぱりしていてうまかったです。

どじょうを食べ切ったあとは、そのダシでネギを煮込んで食べました。

最後に「うなぎ茶漬¥1050」をいただいて締めました。

途中参加者を加え、総勢9人で約5万円でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)