2006.02.25

野毛の「樽」

都橋ビル2階にある「樽」へ行ってみました。
 
F1000689
 
 
 
 
 
 
  
 
カウンターで7席ほどのお店、以前こちらのママさんに
お会いしていたので寄ってみました。
 
「あら、いらっしゃい」、おしぼりを差し出される、
焼酎のロックをいただきましょうか。
 
F1000690
 
 明るい店内、いい雰囲気です
 
 
 
 
 
 
 
お隣に座ってらしたご夫婦のご主人さん、先ほど花火で
お会いして道連れにした、とあるお方の頭を誉めている。
 
すっごく誉めていて、それでひと目惚れしたみたいだ。
 
抑え切れないご主人さん、そのお方の頭にキスをする。
 
「初めて頭にキスされました…」とはそのお方の弁、
僕も初めて見ましたよ、しかも男同士の。
 
「僕の頭にもキスしてよ」、そのお方も困ったようだが、
ご主人さんが頭をグリグリ差し出してくるから、その
お方も仕方なくお返しのキス。
 
そのご主人さんからビールを一本ご馳走に^^;
ありがとうございました。
 
ママさんも優しいし、楽しいお店だなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

野毛の「花火」

クルマを車検に出してから、ちょっと寄り道して「花火」へ。

ホッピー¥350を飲んでから、焼酎3種類飲み比べセット

F1000691
 
 麦で3種類 ¥500
 
 
 
 
 
 
 
30ccと表示してありましたが、実際はもっと入っています。

3種類も飲めて楽しいなー、次は芋でいってみようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.30

野毛の「お秀」

普段は桜木町から野毛入りですが、今日は京急の日ノ出町駅から
野毛入りしたので、先ほど通過した「お秀」へ戻ってきました。

本日の目的は「肉豆腐」¥500、これに「ご飯」と「たくあん」を
追加して、「肉豆腐定食」いっちょあがり。
 
F1000594
 
 
 
 
 
 
 
結構お腹いっぱいになります
満腹・満足。

お会計¥950、ごちそうさまでした。

―――――――――――――――――

食後の散歩で関内方面ぶらぶら、今日は冷え込みが緩んでいるので、
散歩するにはちょうど良い。

食後の一杯を求めて「ムービースター」へ。

極上の「コーヒー」¥400で野毛フルコース完了。

| | コメント (13) | トラックバック (1)

野毛の「ホッピー仙人」

先週末に無銭飲酒をしてしまったので、今日はその支払いのため、
「ホッピー仙人」へ立ち寄りました。

本日「酒抜きデー」のため、「清涼飲料水・ホッピー」¥300

カウンター上、何やらスッキリしています、「メニュー」が目にゅ入る。

種類は7種ほどでしょうか、店主におススメを尋ねると、
「まだありません」、とのこと、怪しい。

試しに○○を注文すると、「今日はありません」、とのこと、
ますます怪しい。

これは心理作戦なのか、ホントにないのか定かではありませんが、
全メニューを制覇してみたいと思ったのは私だけでしょう、か?

で、注文したのは「柳川風のようで柳川でないような缶詰と玉子」
名称はちょっと違うと思いますが、まあこんな感じでした。
 
F1000596
 
 けっこう手間がかかっています
 
 
 
 
 
 
つまみとしても良し、ご飯のトモとして丼にのっけても美味そうです。
(会社のパソコンの変換では、↑「友」が「トモ」)
 
「ガラナ」¥200を追加でグイっと飲んで、次は夕食です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.01.18

野毛の「ホッピー仙人」

携帯の画像を整理していたところ、11月14日の「ホッピー仙人」で
「お蔵入りホッピー」が写っていました。

F1000528
 
 たばすこホッピー 
 (※価格未定、らしい)
 
 
 
 
 
 
 
おつまみ用としてカウンターに出されていたタバスコを見ながら、
「これホッピーに入れたらどうなりますかねぇ~」
「じゃ、やっちゃいますか」

たしかこんな感じのやり取りでした。

味のほうは、「タバスコ風味のホッピー」(←そのままじゃん)

刺激をお求めの貴方に…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.30

野毛の「WISE」

今日は連休最初の土曜日ですが出勤日、
帰りがけに「野毛」へ寄り道。

都橋ビル1階の「WISE」へ行ってみました。

こちらのマスター、先ほど仙人の所でお見かけしました。
そして仙人からの帰り際、都橋ビルの階段を降りてスグのところで再会。

「どうぞ寄ってみてください」と声を掛けられたので、H氏と入店。

6人ほどで満席となりそう、店内は明るくてキレイでした。

そしてこちらには「番犬」がいます、
種類は分りませんが、小さなとてもカワイイ犬で、すっかり慣れた様子でした。

まずはビールで乾杯、つまみはナッツ類やら何やら出てきました。

最後に「けんちんうどん風」をいただきました。
ダシが濃厚で具だくさん、美味しかったです。

都橋ビル、個性ある楽しいお店が多いですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.04.26

野毛の「ちどり」

F1000037


野毛の「ちどり」へ行ってみました。

間口一間のお店です。

カウンターだけ六席で、
なるほど野毛の「六名館」でした。

まずは「ビール」¥700です。

メニューは無いのですが、旬なものが出てきます。

最初は小ぶりのアスパラでした。
そして「谷中しょうが」です、
ちょうど今の時期ですね。

しばらくすると、お客さんが3名ほど、
皆さん60代の元気なオヂ様でした。

オヂ様のツバが掛かるほどの密着度、これもまた楽し。

自分の親ほどの年齢の皆様と楽しく飲めるのも、
こちらならではですね。

F1000036


ビールも2本目となった頃に「竹輪の小鉢」「ブロッコリー」が出てきました。

野菜メニューが多く、普段から「モツ」ばかりの身体には癒されます。


オヂ様は「熱燗」を頼まれているようで、こちらも負けじと「熱燗」です。

皆様と競馬の話しで盛り上がり、あっという間の一時間でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.03.26

野毛の「たまや」

20050326_1755_000
今日は桜木町で友人と待ち合わせ、時間まで野毛ぶらぶらです。

「たまや」は中央通り沿いの角地にあります。
カウンターに7~8席、あとはテーブル席があります。

今の時期は「おでん」が有るとのこと、早速注文しました。

「ちくわぶ」「はんぺん」「大根」そして「玉子」です。

大根は芯まで味が染込み、やわらかです。

酒は「熱燗」を頼みました。
純米の「玉乃光」です。おでんによく合います。

おでん以外では焼き物メニューが並んでいます。

「レンコンつくね」を頼んでみました。
中はやわらか外はパリパリで、味も食感も最高です。

こちらのご主人、昭和9年生まれの71才だそうです。

私の父親も、生きていれば同じ71才なので、親しみを感じました。

本日の「たまや」、熱燗を2杯いただき¥1790でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.12.30

野毛の「鼓場」

トモさんの後は「鼓場」さんへ向かいました。

ちょうど開店時間(6時)だったので、先客は誰もいません。カウンターに座ると大将が何にしましょうとか?と声を掛けてくれた。トモさんで相当飲んだ後にも関わらず、「焼酎ロック」「熱燗」「ひや」を頼む。焼酎は甕から柄杓ですくっていて、これがまたうまい!

つまみに「スモークチーズ¥580」をいただく、さっきからチーズばかり食べている。

大将がカレーを作っているらしく、いい香りがする。「カレー丼¥580」だ。A氏が食べるとのことで、私とY氏は腹がきついので、大将に頼んで「上だけ(カレーだけ)」を頼んだ。深みとコクのある素晴らしいカレーでした。

目の前に泡盛があり、それを頼む。「やまかわ」と書いてあったような・・・30度の酒らしいが、これまたうまい。

しばらくして、常連さんらしいお姉さんが一人で入ってきた。大将と「今日が仕事納め」などと話している。冷蔵庫にポカリスエットのペットボトルに焼酎を入れていたらしく、娘さんがそれを学校に知らずに持っていって、飲んでしまった等々、面白い話を披露してくれた。

聞けば立石が好きだとのこと、驚いた、非常に驚いた、宇ち多に江戸っ子に栄寿司などの店名が出てきた。前日も立石を攻めていたとのこと、このお姉さん、かなりの上級者だ。年明けは堀切とか行くとのこと、恐れ入った。

「駄菓子屋のもんじゃ¥580」をいただく、聞けば大将が堀切辺りの出身だそうだ。試しに八広のもんじゃ「十一屋」を聞いてみたら、そのお姉さんは知っているとのこと、一体何物だ。

かなり飲み食いしたなーと思ったけど、3人で¥9150でした。

| | コメント (2)

野毛の「トモ(2)」

昨日29日は戸塚と南の友人と忘年会と称して野毛へ行きました。

雪が降る中、桜木町で4時に待ち合わせをして、早速「トモ」さんへ向かいました。

奥の座敷へ座ると暖房の温風が心地よい。何を飲むか決め兼ねて、「取りあえずビールだね」などと話していると「お疲れセット¥1000が、生とつまみ2品でお徳ですよ」と言われた。ならそれを頼んで、3人×2品で計6品を頼む。「卵焼」「まぐろチーズ焼」「アボガドグラタン」「サバ味噌」「みそ田楽」「もちチーズ」皆バラバラ多品種で恐縮です。

エンジンが掛かって、芋焼酎をロックで頼もうとしたら、「ボトルがお徳ですよ」とのこと。何でも無期限キープで、10本飲んだら1本おまけになるとのこと。では早速一本「鹿児島の芋(銘柄忘れた)¥2300」をいただきました。

ふとカウンターを見るとカニが置かれてある。またまた「たらばカニ¥700」を頼むと皿にドーンとやってきました。3人で食らいつく、沈黙の時間が過ぎた。

しばらくすると、トモさんのご主人様が会社の上司らしき人を連れてきました。どうやら今日が仕事納めで、初めて連れてきたとのこと。盛り上がっていますが、ご主人様はお手伝いで忙しそうです。

さらに「まぐろ角煮¥300」を頼む、昔よくツナピコ?とかいう銀紙に包まれたおつまみがあったが、それに似ていました。いやいや、トモさんのは手作りで、ちょっと辛目の酒によくあう逸品でした。
あとは「カマンベールの味噌漬¥400」だ。A氏がメニューを見ていて気になったらしい。チーズを味噌に漬けてあり、味噌の風味とチーズが良く合う優れものでした。

今日は3人でボトル入れて¥8000という安さでした。(6時までは飲み物が100円引)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧