2014.05.02

羽田発ハノイ行 NH857

この3月から新規路線として就航となった、
東京羽田発 ベトナムの首都ハノイ行を利用しました。

01

ANA B767-381ERくん
恥ずかしいのか、目線を隠しております。。。

02

「ハノイ」は、中国語で「河内」と書きます。
「ちょっと河内まで~」といっても、大阪と違いますがね。

03

B767-300 JA617Aくんです
よろしくお願いいたします。

04

B6は、ゆったりしていてイイですね!

6月からは、787導入ですが、
エコノミーは、3-3-3の横9列
国内線と同じ、詰め込みエイト君に・・・

壁一枚向こうは夢のビジネスクラスですが、
私は画面左側の座席へ。
でも、B6くんなんで、快適です(^^)

05

定刻に出発し、福岡まで行くルートに乗っかります。

06

早くも関門海峡が見えてきましたね。

下関の祖父母が眠る、下関市営霊園に向かって
合掌です。ご先祖様、高いところからスミマセン、、、

07

午前10時半ごろ、配給開始となりました。

08

福岡上空を通過し、

09

五島列島上空に差し掛かりました。

10

なんとなく島影が見えるような・・・

11

1時間ほど洋上飛行を続け、
上海上空に差し掛かりました。

12

ちょっと、空がモヤモヤしてきたような

13

中国大陸を進みます


この後の写真データ

間違って全て消去してもうた。。。

ハノイ滞在の写真、全て・・・ (ノ_・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.08

ANAの新路線でデンパサールまで

1月7日から就航となったANAさんのジャカルタ路線を利用し、
デンパサールまで行ってみました。

今は発売されていないようですが、スーパーエコ割バリスペシャルで、
デンパサールまで4万数千円というお得なチケットです。

Bali02

ピカピカの新型、B767-300 JA620Aさん
お世話になります。


Bali01


午前8時過ぎから搭乗開始。眠いですzzz。

ジャカルタ行きNH937便は、ほぼ定刻通り出発となりました。

冬晴れの富士山に別れをつげ、5時間後には赤道を通過、
定刻の14時過ぎ、無事ジャカルタ到着となりました。

Bali03

さてお次は、ガルーダインドネシア航空のGA412便に乗継です。

Bali04

Bali05


動く歩道を突き進むと、まずは25USドルを支払い、入国ビザを取得します。
各国通貨での支払いも可能で、サインボードには日本円で二千二百数十円と
表示さていました。日本の硬貨も受け取ってもらえるのかは不明です。

かなり行列となっていますが、窓口が多いので5分ほどで完了。

次は隣にある入国審査のカウンターへ行き、無事入国となりました。

ガルーダインドネシア航空のGA412便は国内線ターミナルなので、
いったん空港の外に出て移動となります。

Bali07

ガルーダインドネシア航空のカウンターがずらりと並んでいるので、
待つ無くことなく搭乗券を入手です。

Bali08_2

ここで国内線の空港利用料として4万ルピアを支払うことになりますので、
あらかじめ両替をしておく必要があります。

Bali09

ジャカルタ空港でのGA412便の出発ゲートは「F4」で、
サイン通り突き進みます。

Bali10

遠い、ひたすら歩く…

Bali11_2


やっとF4ゲートに到着です。

ここまで所要時間は小一時間、GA412便デンパサール行きの
乗り継ぎは、難なく完了となります。

F4ゲート周辺にはお店など何も無いので、
搭乗開始時刻の16時50分まで、かなりヒマヒマ。

搭乗予定時刻から5分ほど過ぎたあたりで搭乗開始となりました。

Bali12_2

あらまバスで移動ですか?

Bali13

無事GA412便に乗り込みました。

エアバスA330-300 まだ新しい機材のようで、非常用設備の案内など
シートモニターで日本語の字幕付きでした。
日本路線の間合い運用でしょうか?

Bali14

ベルト着用サインが消灯し、しばらくすると機内食が配られました。

国内線でも食事が提供されるのですね。

インドネシアのナシゴレン?
けっこう美味しかったです。

Bali15


デンパサール到着はほぼ定刻の20時過ぎ、
すでに真っ暗です。

インドネシア入国手続きはジャカルタで済ませてあるので、
デンパサール空港到着後は何もする必要なく、そのまま空港の外へ。

空港出口でホテルのお迎えのお兄さんと無事合流し、
やっと本日の行程予定通り終了となりました。


翌日は現地ツアーのウェンディーツアーさんが主催する、
デンパサール半日観光に参加しました。

ガイドさんと運転手さん2名に対し、参加者は私一人、貸し切り状態で^^;

ちなみに二名以上の参加者がいたら、20ドルほど安くなっていたそうです。

Bali16


Bali17


Bali17a

市場やジャガナタ寺院、博物館など見学できました。


Bali17b_2

Bali17c

最後はプラザ・バリのレストランで昼食となります。

ビンタンビール大瓶は5万ルピアなり。
あっという間に一本消費し、追加で小瓶を追加オーダー。
ビンタンビールの小瓶3万ルピアなり。

昼食後、プラザ・バリ内のお土産店や免税品店などをブラブラ。
免税品は空港の国際線出国手続き後に受け取りとなるので、注意が必要です。
デンパサール空港国内線出発では、免税品は受け取れないのですね。

さて、時間となり、デンパサール空港から帰国の途につきます。
ウェンディーツアーさん、ありがとう。

帰国の便は、ガルーダインドネシア航空GA725便です。

この便は、オーストラリアのパース→デンパサール→ジャカルタの
国際線のようで、事前に調べた限りでは、国際線ターミナル
からの出発のようです。

Bali18a

GA725便ジャカルタ行きの出発2時間ほど前にガルーダインドネシア航空の
カウンターへ行き、ANAのeチケット控えを差し出し搭乗券をゲットしようとしたところ、
「GA725はドメスティックだから、国内線ターミナルで手続きしてくれ」とのこと。

あらま、電光掲示板でも国際線ターミナルに表示されているのに。


Bali18


500メートルほど離れた国内線ターミナルへ移動することに…大汗

Bali19


ここでようやくGA725便の搭乗券を入手し、出発フロアーへ移動します。
こちらでもジャカルタ空港同様、空港利用料4万ルピアが必要でした。

こちら国内線出発フロアーは割と狭く、空いているベンチもないので、
仕方なく有料ラウンジを利用することに。

Bali20


7.5万ルピアを支払いましたが、飲食もフリーなので
とりあえず満足です。

さてと、そろそろGA725便の搭乗開始時刻となります。

GA725便はオーストラリアからやってくるので、スケジュール通りの運航か
心配しましたが、どうやら大丈夫なようです。

なにしろジャカルタでの乗り継ぎが1時間しかないので、
少しでも遅れたらNH938成田行きに乗り継ぎアウトかも、
ということになる訳でして…。

Bali21


GA725便は17番ゲートから出発ですが、
こちらもバスでの移動となりました。

バスは国際線ターミナルへと向かいます。

ここでやっと理解しました。

このGA725便、オーストラリアからデンパサール空港の国際線ターミナルに到着し、
デンパサールで降りる人は国際線ターミナルへ。

デンパサールからジャカルタへ行く人は、出国手続きなど不要なので、
国内線ターミナルからバスで移動し搭乗、ということなのでしょう。
(と勝手に解釈)

Bali22


B737-800 まだピカピカの機材です。

こちらでも機内食サービスがあり、インドネシア風の焼きそばでした。

Bali22a


定刻より10分ほど遅れてジャカルタ空港に到着です。
窓の外に21時10分発の成田行きNH938便の姿が見えました。
JALさんの機体と並んで出発を待っています。


Bali23


サイン通り進んでいくと…

Bali24


「トランジット」と書かれたところに到着し、2階の出発階へ行こうとした所、
係りの人に「搭乗券を見せてくれ」と言われ、ANAの「eチケット控え」を
みせたら、「これじゃなくて、ボーディングパス」だよ、と言われました。

うーん、デンパサールではジャカルタまでの搭乗券しか手に入れられないから、
NH938便成田行きに搭乗券は持っていない訳でして…。

インドネシア出国手続きもしていないから、トランジットの係りの人も、
パスポートを見ながら、なにやら難しい表情をしています。

しばらくして、「イミグレーションへ行ってくれ」と言われ、
その言葉通り、イミグレーションへ向かいます。

イミグレーションには行列ができています。

このイミグレーションって、出国ではなく入国審査でしょ???
デンパサールからジャカルタで乗り継ぐのに、入国審査????

近くにいた空港の人に聞いてみたら、
「トランジットは2階だ」と言われ、また先ほどの所へ行ったりきたり…。

先ほどの係りの人に「イミグレーションでは、こっちでと言われたよ」
と言っても、私のパスポートを見ながら、困った様子。
他の係の人と何やら相談している様子(インドネシア語なのでサッパリ???)
やはり、「イミグレーションへ行ってくれ」とのこと。

うーん、困った。
このとき、成田行きNH938便の出発まで残り25分。

イミグレーションで再びパスポートと「eチケット控え」を見せるも、
係りの人はよく分からない様子です。

こちらも???

「デンパサールからGA725便でジャカルタ乗り継ぎ、日本に帰るんだよー」と
涙目で訴えかけると、どうにか通してくれました。

ここからダッシュで税関を通過し、空港の外に出て、2階の出発階へ。

この時、NH938便の出発まで20分を切っていたので、大汗(^^;;

JALさんのカウンターはすぐに見つかったけど、ANAさんのカウンターは???
行ったり来たりしながら、ようやく「ANA」の文字を発見!!!
このときNH938便の出発15分前。

半べそ、汗だくになりながら、やっとこさ搭乗券を入手です。
ここで出国の15万ルピアが必要となるので、
財布にルピアの現金を残しておく必要があります。

ここから猛ダッシュで出国審査、セキュリティーチェックを受け、
NH938の搭乗口であるD6へ向かいます。

こんな時に限って一番端っこで、もうへとへと。
この時、NH938便出発時刻の10分前 冷汗(^^;

GA725便で荷物を預けていたら、
NH938便には乗り継げなかったでしょう。

Bali25


Bali26

ジャカルタ空港を出発して1時間くらいたってから、遅い夕食となります。
空港で走り回ったおかげで、ことのほかキリン一番絞りがうまかったこと(^^)

GA725便はジャカルタ空港の国際線ターミナルに到着することから、
NH938便への乗り継ぎは、非常に複雑になってしまうようです。
また、自分の英語力の低さを改めて感じるのでありました。

Bali27


走り回ったおかげで心臓パクパク状態となり、眠ることができないまま、
気がつけばマニラ上空でした(^^;

明けて翌朝6時25分、機長さんの案内通り、気温0℃の
極寒の成田に無事到着となりました。

実に慌ただしい初インドネシアの旅でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)