« 2009年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010.09.05

長崎のたび

今日は長崎まで行ってきました。

羽田空港 午前8時20分発
ANA 661便 B767-300でござます。
JA8670

Img_1388
  
 
左側の席を選ぶと、富士山のてっぺんを見ることができます。

Img_1394

名古屋、大阪、瀬戸内、北九州そして福岡を眺めながら、
定刻10時15分、長崎空港到着です。

屋上階の展望デッキへ行ってみました。

Img_1403_2

お腹から貨物を下ろしております。

長崎空港からバスに乗り、お昼前に長崎駅前に到着です。
バスターミナル周辺をウロウロしていると、
「えきまえ食堂」を発見しました。

Dsc00024

定食500円と書かれていますが、店内のぞいてみると、焼酎のボトルが並べて
あったので、「ここなら飲めそうだ」と確信し、めでたく入店となるのです。

Dsc00020

入り口付近の冷蔵ケースに小皿が並べられており、
自由に選べるシステムのようです。

長崎なので、ちゃんぽんを注文です。その前にビール^^
冷え冷えのビールを頂いているうちに、ちゃんぽん
Dsc00022

上の具をつまみにビールを飲み、徐々に下の麺を攻略です。
こうすれば、ちゃんぽん一杯で〆の炭水化物をいただけます。

ビールとちゃんぽんで丁度1000円、かなり満腹となりました。

時計を見ると12時10分前、急いで駅を目指します。

Dsc00025

目指すは長崎市内定期観光バスです。

12時出発の市内めぐりバスで、色々な施設の入場料を含めて
大人3500円とオトクであります。
団体行動が苦手な自分ではありますが、この暑さで一人で
市内をまわるのは苦しいと判断し、こちらのバスを選択です。

原爆資料館、平和公園と続き、車窓から眼鏡橋を眺めつつ、
バスは出島に到着です。

Img_1412_2


Img_1414


Img_1415


教科書で習った出島は島ですが、今では埋め立てられ
陸続きをなっております。
想像していた出島とはまるで違いました^^;

当時の建物が復元され、建物内部も見学可能です。
2階から路面電車が見えました。

Img_1421_3

出島をゆっくり見学した後は、オランダ坂を車窓から
眺めながら、孔子廟に到着です。
Dsc00026

北京の故宮博物院に収められているような国宝級の
品々を見ることができます。
なんでも鑑定団に出したらいくら位になるだろうか?
などと思ってしまいます。

さて、いよいよ最終目的地は
Dsc00027

大浦天主堂とグラバー園です。

Dsc00031

共に百年以上もたつ木造建築が残っているとは
素晴らしいですね。

Dsc00033_2

グラバーさんは麒麟麦酒の設立にかかわっていたらしく、
あの麒麟のモデルとなった彫刻がありました。

約4時間の定期観光バスもここでおしまい。
ガイドさん、運転士さん、ありがとうございました。

帰りは長崎空港18時45分発 ANA670便
Img_1425

大型機のB777-200 JA8199

飛行機に乗り込む前に…
Dsc00037

空港1階の食堂で皿うどんと生ビール^^

Dsc00036

これがまた大盛りでありました。

Dsc00040

飛行機は夕焼けの大村湾を後にし、羽田へ向けて出発、
定刻すこし過ぎた20時30分に羽田空港到着となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2011年1月 »