« 台湾の「蘇澳冷泉」 | トップページ | 神田の「浪速ん」 »

2009.05.20

台北から台南へ

今日は台北から台南へ行くことにしました。

台北駅から台南までは、台湾鉄路管理局の在来線と台湾高速鉄道の二つのルートがありますが、時間的には圧倒的に台湾高速鉄道が有利になります。

あらかじめ日本でインターネットによりチケットを予約しておいたので、駅では予約控えとパスポートを見せれば、窓口ですぐに発券してもらえます。

台北駅は在来線と並び地下ホームからの出発となります。
日本の東海道・山陽新幹線をベースにして造られている事から、まったく違和感なく、まるで日本の新幹線に乗っているような感覚です。
車窓からの景色に椰子の木やバナナ畑が見えるところが台湾新幹線なんだなーと感じさせるところであります。

車内で台湾ビールなどを飲んでいると、2時間弱で台南駅に到着です。
車内販売ではビールを見かけなかったので、前もって駅で買っておいたほうがよいです。

Dscn1098
 
車内販売のお弁当
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4種類あり、どれも1個120元であります。

高鉄台南駅から市中心の台湾鉄道台南駅までは無料のシャトルバスが運行されており、所要時間は45分ほどかかります。大型バスで乗り心地は快適です。

市内へ向けて3路線の無料バスが運行されており、目的地に応じて乗り分けることができます。
満席になれば次のバスに乗ることになりますので、急いでいる人は早めにバス停へ向かうと良いでしょう。
たとえ満席でも、20分に1本の頻度でバスは運行されているので、まあ便利です。
 
Dscn1097

車内備え付けのバス時刻表
 
 
 
 
 

3路線のバス時刻と停留所が細かく掲載されています。

さて、台湾鉄道台南駅のバス停に到着し、バスを降りるなり、激しいタクシーの客引きにあいます。特に客引きが悪いという訳でもありませんが、少し歩いて流しのタクシーをつかまえます。


何しろ暑い! 台北より5℃は気温が高く感じられ、少し歩くだけでも疲労するので、短距離移動でもタクシーを利用します。

目指すは  地球の歩き方に掲載されていた
 
Dscn0850a
 
 
城邊真味炒鱔魚專家

 
 
 
 
  
 
なんて読むのだろう?

台南のタクシーは、初乗り80元で、以降5元づつ加算されるようです。
(ちなみに台北のタクシーは初乗り70元です。)

タクシーの運転手さんにはお店の地図を見せ、店名をメモで渡します。
言葉で行き先を告げるより、メモにして渡すほうが確実です。

タウナギあんかけ焼きそばをいただきます。

Dscn0846a
 
 
  
 
 
 
 
 
 

台南2軒目は…  


目的地は国立文学館としてメモを渡せばわかってもらえますが、お店が有名らしく、目の前まで連れて行ってもらいました。謝謝。
タクシーで100元ほど、

Dscn0852a

 
 
 
 
 

 
度小月担仔麺

それほど量は多くないので、ペロリ完食

ここで文学館に寄ってみましょう。

パスポートが必要となりますが、入口受付で日本語ガイドマシーンを貸してくれます。
展示エリアの番号を入力すると、ガイドマシーンから日本語による解説が流れるので、とても分かり易く台湾文学の歴史に触れることができるのです。

台湾文学の勉強が終わったら、本日の台南3軒目を目指します。

地図だと歩いて10分ほどの距離みたいですが、ここでもタクシーをつかまえます。
道端をキョロキョロしていたら、反対車線からUターンして目の前にきてくれました。
これがタクシー台湾流といったところでしょうか。

運転手さんは僕らが日本人だと分かるや否や、カーステレオから「津軽海峡冬景色」演奏開始となりました。日本の演歌が好きな様子です。

全部聞き終わる前に目的地に到着です。

Dscn0854a
 
 蝦仁飯
 
 
 
 
 

日本語メニューを指差しながら、お店のおじさんが、「えび飯、牛飯そして綜合飯です」と日本語で説明してくれました。
綜合飯とは、えび飯と牛飯のミックスです。
一杯で二種類の味が楽しめる反面、味が混ざって複雑な味になってしまうのが、やや難点です。

Dscn0856a
 
 
 
 
 
 
 

ふーっ、おなか一杯になりました~

お店の前で流しのタクシーをひろい、台南駅へ向かいます。
運転手さんが「タイテツ? コウテツ?」と聞いてきます。
在来線の台南駅と新幹線の台南駅、どっち?という意味なのでした。
新幹線の駅まで行くけれど、無料シャトルバスに乗った方がはるかに安いので、「タイテツ」でお願いとなります。タクシー料金125元なり。

昭和初期に建てられた趣きのある在来線台南駅で下車し、駅ロータリー向かい側にある無料シャトルバス乗り場へ行き、高鉄台南行きのバスに乗り込みます。

帰りの所要時間も行きと同じ45分で、時間通りの運行でした。

バスの時間に余裕を持って乗ったので、駅に早く着きました。
構内には中華料理、コーヒーショップ、回転寿司のお店まであり、セブンイレブンでは台湾高速鉄道グッヅをはじめとしたお土産物も多数置いてあるので、見ているだけでも楽しめます。

新幹線の改札は締め切り時間があるので、少し余裕を持ってホームに上がりましょう。

台南で指定席は満席になりました。皆さん終点の台北まで乗車かと思いきや、途中駅で半数近くが入れ代わっていました、短距離の需要も多い感じです。

台湾ビールを飲みながら、あっという間に台北駅地下ホームに到着です。

台北から台南までの、食べまくり1日ツアーでした。

|

« 台湾の「蘇澳冷泉」 | トップページ | 神田の「浪速ん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72364/46125164

この記事へのトラックバック一覧です: 台北から台南へ:

« 台湾の「蘇澳冷泉」 | トップページ | 神田の「浪速ん」 »