« 2008年4月 | トップページ | 2009年5月 »

2009.02.14

神戸の「串焼マンヨシ」

ご先祖様のお墓参りという位置付けで、神戸へやって参りました。

東海道新幹線ひかり号(のぞみじゃないところがケチくさい)は冬晴れの
富士山を横目に、中途半端に停車しながらやっとこさ新神戸へ到着。

車内で飲み疲れながらも、ここは気合を入れ、地下鉄、JRそして
六甲ライナーと乗り継ぎ、「菊正宗酒造記念館」へ。

駅から住宅街を歩くこと数分、目指す記念館へ到着です。
工場見学ではないので、お酒を造っているところは見ることは
できませんが、酒造にまつわる様々なものが展示してあります。

そんでもって最後は、お目当ての「試飲」でございます。
出来立ての原酒でございました。
(ちゃっかり「おかわり」しちゃいました。)

ここまで写真が一枚もないのは酔っ払っていたからではなく、
このブログの存在をすっかり忘れていたからであります。


また来た道を戻り、JR「三ノ宮」駅へ到着。
このあたりは、祖父母の代の本籍地である「北長狭通」という地名で、
初めて降り立った地ではありますが、よさげな飲み屋を探します。
ご先祖様、のんべえで、ごめんなさい。

さて、JR三ノ宮駅と阪急三宮駅のガード下に飲み屋街を発見です。
 
P1000046
 
 串焼マンヨシ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通りを何往復かした後、一軒目はこちらに決めました。
決め手は「100円均一」
立石の100円ショップと重なって見えたもので^^
「100円」の文字に惹かれるのは東西問わずと言ったところですね。

6時まで生ビール250円というのも◎
立ち飲みではなく、カウンターとテーブル席で、
小奇麗な店内は若者向けか。(←もう若くないかオレ…)

P1000052
 
 とりあえずキャベツ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
すべて100円(正確には税込みで105円)とのこと。

P1000049
 
 例外で「どて焼き」を発見!
 
 
 
 
 
  
  
 
 
 
 
 
 
大阪だけでなく、神戸でもレギュラーメニューなのですね。
ビールがクイクイすすむクン

さて、肝心の串の方は、肉・野菜・魚、何でもアリです。

面白いのはソース。二度つけ禁止はそうなのですが、
普通とニンニクソースとタルタルソースの三択可能。

あつかましくも、三種類とも頼めるかも知れませんが、
とりあえずニンニクソースで喰らってみました。

P1000050
 
 ニンニクソース
 (見た目は変わらない)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

カラッとさっぱりした串焼きに、これまたサラッとした
ニンニクソースがばっちし。

100円ポッキリと6時まで生ビール250円という、お財布に
優しいお店でございました。もちろんお味もばっちし!

(日曜日も営業とのこと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2009年5月 »