« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007.02.18

浦和の「がんこ家」

埼玉県庁に用事があり浦和まで。
幼稚園のころ、半年ほど浦和に住んでいたことを
思い出しながら東北線のE231系に乗車。
浦和駅から庁舎まで徒歩10分ほど。
飲み屋チェックをしながら歩く。
「生HOPPY」と掲げてあるお店に照準をあわせる ピキーン

P1010015
 
 
 
 
 
 
 
 
 
用事が済んで、さっそくお店へゴー! するも、
残念ながらまだ準備中のためこちらは断念。
ちょっと早かったかな(笑)
 
浦和駅まできてしまったが、その線路ガード下にホッピーケースが
積まれているお店を発見。

F1001367
 
 「がんこ家」 
 
 
 
 
 
 
 
左右にガラス戸がある店構えで中央部分が厨房スペース。
「どちらでもドーゾ」とお店の人から言われ、なんとなく右側に入る。
 
P1010014

 ホッピー¥360
 白・黒あり
 
 
 
 
 
 
 
F1001368
 
 シロタレ 2本¥220
 
 
 
 
 
 
 
ちょっと甘めのタレ。
 
後から気が付きました。
トイレは左側、テレビを見ることができるのも左側。
右も左も価格は一緒(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.02.08

金沢八景の「木川」

突然の知らせに驚き、悲しむ。
その日の午後、上司と共に彼が眠る自宅へ向かった。
人事から受け取った地図を頼りに、金沢八景からバスに乗る。
地図に書かれたとおり、小さな川を過ぎた所のバス停で下車。
その小さな川の澄んだ水面には鴨が数羽休んでいた。
高台にある新興住宅街へと続く坂道を上りきる。
静かな夕方の住宅街、振り返れば遠くに海が見える。

まるで眠っているような安らかな彼の顔は、職場で昼寝を
している時の寝顔と何ら変わらなかった。

すっかりと日が暮れた帰り道、バス停へと続く坂道を下る。
家路を急ぐ人が自転車を押しながら坂道を上る。
この坂道から見える綺麗な夜景を目にしたら涙が一つこぼれた。
駅前にある「大衆酒場」とかかれたお店に入る。
ビールを一本、グラスは3つ。上司と、僕と、そして彼のと。
何時かこの3人で飲んだことがあった。
思い出話にするには、あまりにも早すぎる。
じっくりと煮込まれた大根を2つに分ける。焼き物も2本づつ。
カウンターにはグラスが3つ並ぶ。
彼の顔と坂道から見た景色を思い返すたび、
グラスに入ったビールが減っていく。

| | トラックバック (0)

2007.02.01

甲府の「奈良田」

甲府駅南口から歩いて5分ほど

F1001354
 
 郷土料理「奈良田」
 
 
 
 
 
 
L字カウンターに十数席ほどのお店は、素敵なママさんが1人で
切り盛りしていらっしゃる。

とりあえずビールの次は…
 
F1001346
 
「一升瓶ワイン」
 
 
 
 
 
 
どぼどぼどぼ…
 
F1001350
 
 「馬もつの煮込み」¥800
 
 
 
 
 
 
 
F1001348
  
 「鹿刺し」¥1000
 
 
 
 
 
 
こちらも大盛り^^
これで「馬・鹿」と揃いました。次は「蝶」が出れば「馬・鹿・蝶」
あっ、馬じゃなくで猪だったけ。つまらん一人ボケとツッコミ。

隣に座っていらっしゃるお客さん、「ママ、毒ね」
毒? 何だろう? たずねてみたところ、
「ガソリン」=ビール
「ハイオク」=焼酎
「毒」=ワイン
と呼ばれているそうです。

毒を4杯も注入してしまいました(笑)
 
 
 
 
市内のセブンイレブンで見つけました。
 
F1001330
 
 「ほうとう」 ¥440
 
 
 
 
 
 
大き目のかぼちゃが入っていて美味しいです^^
東京でも売っていればいいのになぁ。

 
そして甲府駅で見つけたのは
 
P1010001

 「ワンカップ・ワイン」¥350
 
 
 
 
 
 
 
 
おみやげに数本買って「あずさ30号」の人となる。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »