« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.25

堀切の「哈爾濱餃子」

「ビール+餃子」が食べたくなったので、京成線堀切菖蒲園へ。

駅前のスーパー赤札堂を過ぎれば、「哈爾濱(ハルピン)餃子」
 
F1000851
 
 一年ぶりかな
 
 
 
  
 
  
おっと、先客さんも「ビール+餃子」だ、では僕も同じく焼餃子で。
 
F1000850_2
  
 大き目の餃子が5つ
 
 
 
 
 
 
 
こちらの餃子はゴム無し(注・立石地方の用語)でいただけます、
口に含むと中からジュワッと旨味成分濃縮おつゆ、たまりませんな^^
  
最後の餃子を食べ終えるころに、ちょうどビール中ビン1本を消費。
 
時刻は夕飯時、外ではお持ち帰りの餃子を買い求めるお客さんが
列を作っている、ではこのへんで終了。
 
再び京成上り電車に乗り込みお隣の京成関屋へ。駅前の「モアナ」、
今日も満席のようなので、また次の機会に。
 
では東武線の牛田から鐘ヶ淵を目指すことにしましょう。

鐘ヶ淵通りには居酒屋がたくさん建ち並ぶのだが、やっぱりここへ。
 
 F1000849
 
 亀屋
 
 
 
 
 
 
 
「ハイボール」、グラスに顔を近づけると勢いのよい炭酸が顔に
プチプチ当たる、炭酸が活きてますね、やっぱこーでねーとね。

ほかに「野菜炒め」を注文、テレビでは「クイズミリオネア」、お店の
皆さんと、あーでもない・こーでもないと盛り上がる。

F1000847
  
 〆に「ざるそば」 
 
 
 
 
 
 
気がつけばハイボール5杯^^; 
明日も仕事なのでこのへんで終了 ファイナルアンサー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.05.18

立ち飲みホッピー@神田

最近オープンしたこちらのお店、「ぬるい」ホッピーが飲めるとの
情報を耳にしたので、調査のため現場へ赴く。

間口1.5間と狭いが、奥に長いうなぎの寝床状態の店内、
一番奥にカウンターがあって、そこで飲み物など注文。

冷蔵ケースに「ホッピー」が冷やされているのを確認して注文、
500円玉と引き換えに出てきたホッピーは…

F1000841_1
 
 ぬるくない
 
 
 
 
 
 
 
店内改めて見回すと、そこかしこに置かれた調度品の数々。
マニアにとってはたまらない(かも)

オサレなガラスのテーブル、ピンク色・ハート型のコースター、
ここではホッピーが違う飲み物に見えてしまう。

「ぬるい」ホッピー、事前情報がガセネタだったのか、お店の
方針が変わったのか定かでないが、とりあえず調査終了。
 
 
 
帰るさいにお店からは、「ありがとうございました」ではなくて、
「行ってらっしゃいませー」であったことを申し添えておきます^^

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006.05.13

吉祥寺北南

今日は吉祥寺から、駅北口にある「ハモニカ横丁」、細い路地に
新旧様々な商店や飲食店が建ち並ぶ。
 
その中の「やきとりてっちゃん」へ行ってみることに、手前が
立ち飲みスペース、奥が座席になっている。
 
F1000838
 
 ホッピー¥600
 
 
 
 
 
 
焼酎と氷入りグラス、ホッピーが出てくる、表面張力焼酎を
グラス半分ほど、次いでホッピーを。

「ちょっと薄いかな?」、面倒だから焼酎を全部入れちゃう、
「煮込み」を突っつきながら、中おかわり。

目の前ではお兄さんが炭火で串焼き、風向きにより煙が
もろに直撃、燻されちゃいそうなのでこのへんで。
 
併設されている酒屋の品揃えを見学後、吉祥寺駅ガード
を越えて駅南の「いせや」へ。
 
一年間ほど出向で三鷹に住んでいた頃に、一度だけ入った
ことがある、あれから10年も経ったのか。

当時は何を飲み食いしたのか全く記憶に無いが、出向先で
ひたすら苦しんだことを懐かしく思い出す。
 
F1000833
 
 サッポロ赤星^^
 
 
 
 
 
 
おすすめの「シウマイ」、一皿に大ぶりのシウマイが3個、
他に「シロタレ・レバタレ」を注文、1本からOK・80円。

「焼酎」(200円だったかな)を注文、お兄さんがグラスに
目一杯まで注いでくれる。

受け皿がないので、先に少しだけ飲んでから、置いてある
「梅シロップ?」を好みの量だけ注入。

他にも炭酸を頼んで、自分で酎ハイを作ることができる。

千円でへろへろ、では中央線に乗って次へ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.05.08

武蔵小杉の「文福」

連休明け、休み中にせっせと作り上げた報告書提出のため川崎へ。
 
再開発が進む川崎駅周辺、駅西口からペデストリアンデッキを渡り、
ミューザ川崎へと足を踏み入れる、とってもオサレな施設だ。
 
夕方出発→直帰を仕組むのは当然で、予定通り業務終了。川崎駅を
最初に出発する電車で、今日の行き(のみ)先を決めることに。
 
改札内の電光掲示板を確認すると、南武線が間もなく出発なので、
それに乗車、では武蔵小杉へ行くことにしましょうか。
 
高層マンション建設が進む武蔵小杉駅周辺、横須賀線電車の駅が
できるのも、そう遠い話しではないらしい。
 
駅前ロータリーから細い路地を抜けて「文福」へ。
 
蒸し暑かったので、よく冷えた「ホッピー」と今日のおすすめ、
  
F1000828
 
 「昭和風の冷奴」を注文。
 
 
 
 
 
 
 
焼き物のいい匂いがしてきました、つられて「シロタレ・レバタレ」も^^
 
ホッピー2杯目を飲み終える頃にお店の戸が開く、どこかで聞いた
声がする。カウンター席から振り返ると、そこにはBさんのお姿が。

お持ち帰りの品を取りに来たとのこと、ちょっとビックリ。

3杯目は「黒ホッピー」を注文、「三浦の春キャベツはいかがですか?」
とのことだったので、それも頂くことに。
  
F1000826
 
 甘味があって柔らか、ウマー^^
 
 
 
 
 
 
 
ホッピー3杯、じゃが丸などいただき、お会計¥2257、
外はまだ明るい、さてと次へ行きますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »