« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005.12.26

神田の「樽平」

今日は高校時代の恩師と職場関係の皆さんの合計4人で
忘年会、会場は神田の「樽平」です。

F1000469
 
 神田駅西口徒歩1分
 
 
 
 
 
 
 
山形の「樽平酒造」直営の居酒屋さん、銀座や池袋にもあります。

とりあえず予約をしておきましたが、入口には「歓迎・ずら様」
ちょっと恥ずかしいですね。

一階はカウンターとテーブル、二階はオール座敷になります。

まずはシメサバ、〆具合が非常に良く、申し分ありません。

F1000472
 
 一年前の記事と全く同じでした
 
 
 
 
 
 

「樽平・住吉」の金(旧特級)と銀(旧一級)、金はひやで、
銀は熱燗が良いとのことでした。

F1000470

 琥珀色、いい香りです
 
 
 
 
 
 
 
それぞれ1.6合入り、金は¥900、銀は¥700、
皆さん満足です、よかったー^^

本日のメインは「芋煮会」

F1000474
 
 やまがだ名物 
 
 
 
 
 
 
米沢牛と山形産の里芋が入った本格派。
 
今日のメンバーは皆さん、年代はバラバラだけども同じ高校の
出身、昔話に酒がすすみます。
  
金と銀、合計十数本飲んだでしょうか、とっても美味しいお酒
なので、するすると入ってしまいました。

その他に「白子ポン酢」、「いかの塩辛」、「アジのたたき」・・・

2時間半ほど滞在で、お会計一人当たり¥4000、
皆さん大満足のうちに二軒目へ、元気な人たちです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.12.23

立石の「おでん二毛作」

立石「宇ち多゛」のはす向かいにあるこちら、昼は惣菜屋
夜は「おでん屋」居酒屋に変身です、開店は21時~。

今まで話しには聞いていましたが、この時間まで立石に
滞在すること自体が難しいので、この度やっと来ることが
できました。

F1000454
 
 風除けか目隠しか、  
 簾が目を引きます
 
 
 
  
 
商店街の通りに面しているので、ほぼ屋外と言ってよい
でしょう、寒風が容赦なく吹き付けます。
 
そこで…

F1000449
 
 足元に七輪 
 ぽかぽかです 
 
 
 
 
 
テーブルの下に暖房設備を設置してくれました、
こりゃぁーエエわい、スルメでも炙っちゃおうかな。
 
F1000448
 
 お通しは
 牛スジ大根
 
 
 
 
 
ちょっと濃い目の味付けで、熱燗がすすみます。
 
では店名ズバリ「おでん」いただきましょう
 
F1000446
 
 澄んだ煮汁が
 印象的です
 
 
 
 
 
これがまたしっかりとした味に仕上がっていました。 
 
何しろ寒いです、アツアツのおでんでしたが、数分で冷めて
しまいます、熱燗も、いつの間にかひやになってしまうから、
サッと飲み干します。

メニューを見渡すと、ビール、サワー類、焼酎からカクテル
まで、多種多様です。

おっ、カレーがあるではないですか

F1000443
 
 「なぜかおでんやさんでかりー」
 (メニューそのまま)
 
 
 
 
 
「おでんもいいけどカレーもねっ♪」

以前の「おでんや」でもそうでしたが、「おでん」と「カレー」の
組み合わせ、何でだろう?

さて、その「かりー」¥600ですが、非常にコクがあって
美味しいです、和風だしに秘密があるのかな?

モツだけではありません、「おでんとカレーの街」@立石。
 
ラストオーダーは24:30、閉店は25:00、横浜市民に
とっては難関なお店ではありますが、帰宅電車の時間を
しっかりチェックして、理性のあるうちに…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.12.21

神田の「佐原屋」

今日は会社関係の忘年会、会場は東神田の「佐原屋」です。

F1000441
 
 ビルの谷間にあります
 
 
 
 
 
 
 
JR馬喰町駅、都営新宿線馬喰横山駅、都営浅草線東日本橋駅
日比谷線小伝馬町駅、4路線4駅利用可の好立地にあります。
(マンションの宣伝みたいだな)
 
木造二階建てのこちら、一階はテーブル席、二階には座敷があり、
お一人様から数十名の宴会まで何でもOK。
 
今日は18時スタートですが、集まりはポツポツ、我々の辞書に
我慢という言葉は無いので、到着しだい勝手に始めます。

F1000439
 
 最初の生ビール一杯はサービスであります
 
 
 
 
 
 
 
F1000435
 
 刺身盛り合わせ(二人前)
   
 
 
 
 
 
 
刺身類は予約のときに注文をしておくのがいいみたい。

「キリンラガー大びん」¥500を追加、この価格は嬉しいですね。
 
F1000434
 
 「牛スジ煮込み」と「煮込み」
 
 
 
 
 
 
 
糸こんにゃく、ジャガイモに味がしっかり
しみ込んでいて、ウマー^^

焼酎の要求が出たので、インターフォンで1階厨房に発注です。
今回のメンバーでは私が一番若いので、裏方役でございます。
 
「いいちこ」ボトル(たしか¥2100)、お湯割り・水割り・ロック
皆さんの要求ばらばら、面倒なので勝手に作ってね。

参加者8人が揃ったところで、「鴨なべ」スタートです。

8人に対して6人前を注文、ステンレス鍋に野菜を投入、
ぐつぐつ煮えたらば、「かも」をいれていいかも。

「かも」、煮すぎると硬くなるかもなので、引き上げるタイミングが
難しいかもです。

こちらの「鴨なべ」、一人前¥1500です、かなりお得かも。

日本酒は「白鶴」オンリー、三種類ほどありました。

3名ほど「熱燗」へ移行、2合徳利が乱れ飛びます。

残りの焼酎党は「芋」へ移行、「薩摩何とか」を発注です、
「先にお湯を入れるんだよ」
「いや、後からお湯だよ」
意見が分かれております。

結局2時間半ほど滞在、皆さん大量に飲み食いしました。

お会計一人当たり¥4245、一同大満足の「佐原屋」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.17

小田原の「喜久水」

「柳屋本店」を出て、小田原駅方面へ向かいます。

その途中での酒屋チェックは欠かしません。

F1000397
 
 キンミヤ紙パック
 
 
 
 
 
 
小田原では「キンミヤ」支持率が高いようです。
 
小田原駅南口、自転車置き場前のビル2階にある
「大衆酒場 喜久水(きくすい)」です。

F1000394
 
 「きくすい」の「き」は七が三つ

 
 
 
 
 
 
「喜久水」、あらま珍しい、長野県飯田市の日本酒メーカー、
南信地方では支持率が高いですね。

「さーけーはー きくーすい♪」 テレビCMやってますね。

F1000390
 
 「信州白峯」甲類焼酎+樽ホッピー
  
 
 
 
 
 
「喜久水」が焼酎を造っていると知ったのはつい最近のこと、
見るのも飲むのも初めてです。

F1000385
 
 とあるお方がひっくりかえってます
 
 
 
 
 
 
こちらのホッピーは「樽」でした、日本酒の品揃え(喜久水)も
豊富のようです、1合だけいただきました^^

かなり回ってきました、19時過ぎにサックリお開きです。

この集団、乱れても綺麗にサッと切り上げる所が良い所ですねー^^

F1000378
 
 移動中@113系
 
 
 
 
 
 
ホームで「ゑビスビール」¥244を購入、19時13分発の小田原始発
東京行きに乗車、ガラガラの車内で横浜まで50分間の旅。

空いた113系の車内で飲むビールも格別ですなぁー、あっという間に
横浜駅に到着。

では吉田町の会場へ向かいましょうか。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

小田原の「柳屋本店」

予約時間は16時、その5分前にお店に到着です。
 
F1000416
 
 住宅街の中にあります
 
 
 
 
 
 
 
 
「キンミヤ+ホッピー」の組み合わせを、世界で初めて
提供したお店とのことでした。

ではそのホッピーをいただきましょう。
 
F1000407
 
 お店の人が焼酎をドボドボと、
 ☆2つまで投入
 
 
 
 
  
 
 
適当に入れているように見えますが、分量ぴったりです。 
 
F1000411
 
 ホッピー仙人@小田原 
 なぜか渋い表情をしています
 
  
 
 
 
 
 
出ました、二刀流ですね。

メインメニューはホルモン焼きのようです
 
F1000414 
 
 ハイヒール(豚足) 
 かぶりつき
 
 
 
 
 
 
 
F1000413
 
 シロタレ
 味噌ベース
 
 
 
 
 
 
 
F1000412
 
 ガツ刺し? 
 ちょっと不明
 
 
 
 
 
 
 
F1000408
 
 奥はレバ刺しですね
 手前はカシラ かしら?
 
 
 
 
 
 
 
ハイレベル品々に、一同ため息です。

黒ホッピーも置いてあるので、白と黒のハーフを作ったり、
白2本と黒1本の、通称3Pなど作ったりして楽しみます。

一人当たりホッピー2~3杯ほどいただきました、大人数だと
色々メニューを試せるから楽しいですね。

結局は13人でお会計¥26200、¥2000/一人 ですね。

支払いを済ませての帰り際、カウンター内のお店の方々から
笑顔で「またお越しくださいねー^^」と、
ありがとうございます、また来たいです、ごちそうさまでした^^

予約や注文などしていただきましたDさん、
ありがとうございました。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2005.12.15

神田の「PLUMERIA TILEAF」

「松屋」カレー¥290ばかりじゃつまらないので、以前社内報に
出ていた「PLUMERIA TILEAF」(プルメリア ティリーフ)へ。

靖国通り沿いの小川町交差点そば、今日は「松屋」を横目にして。

F1000309

 間口は狭いけど、奥行き広し
 
 
 
 
 


「ALOHAなカレー屋」だそうです、店内ハワイアンムード一色、
ハワイには行ったことないけども、なんだか落ち着きますね。

1、2階が禁煙席で 3、4階が喫煙席、5階建てのビル全部が店舗
なのでした。一人なので、入口そばのカウンター席へ。
 
F1000313
 
  
 
 
 
 
 
 
さて、何にしようかな? 野菜をとらにゃあかんよー、てことで
「ママの野菜カレー」、ちなみにパパのカレーは「パパのコロッケ
カレー」、意味は不明です。

F1000311

 「松屋」みたく、お味噌汁はつきません
 690円
 
 
 
 
 
 
 
サラダが添えられていて、野菜もたっぷり、お肉もたっぷり。

松屋カレー+400円の贅沢なひと時、たまにはいいかも、
通勤でグリーン車に乗車したような感じ? ちょっと違うか。
夜の一杯を我慢すれば済むことじゃん、一人ツッコミ。

メニューを見渡すと、カレーとトッピングの種類がたくさん、
楽しめそうです。

夜の部では、また違った雰囲気になるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.13

八広の「亀屋」

今日は松戸の病院へお見舞い、思ったより元気そうでなにより。

帰りに途中のお店で軽くやってから、北千住で東武伊勢崎線に
乗換えて「鐘ヶ淵駅」へ、午後8時過ぎに到着。

駅前の「大吉」、通沿いの「牛太郎」、「愛知屋」、「和楽」などの
魅力的な酒場を横目に、目指すは「亀屋」。

がらっと戸を開けると、近所の常連お父さん3名、かなりご機嫌の
ご様子です。マスター(カントク)もいい感じです。

「いらっしゃいませ、何になさいますか?」
自分の子ども位の僕に対して、すごく丁寧で、優しく話しかけて
くれるのが、なんだか嬉しいようで恥ずかしい。

「ハ…」の一言で、すでに冷蔵ケースから「ニホンシトロン」を
取り出していました、恐れ入ります^^

「トントン」と王冠をたたいてガスを抜き、グラスにドボドボ
とニホンシトロン、次に「もと」をグラス満タンに注ぐ動作、
いつもながら、この瞬間がたまりませんね。

お通しの「厚揚げ」、サービスなのが悪いくらい、
「マグロブツ」¥350を注文、美味しくいただきます。

「すぐ裏に例のマンションがあるんだよー」
「ヘリとか取材がすごいんだよねー」

例のマンションですね、大変のようです。

「ハイボール」3杯目を飲み終えて、帰りのバスが気になる時間
帰ろうかという時に、「まあ待ちなよ、せっかくだから食ってけよ」
と常連さん。

お客さんから差し入れの「岩カキ」を、ストーブの上で
焼いていたのでした。

「まだまだ」
「もうちょっと焼いたほうがいいよ」、ワッハッハ
などなど、皆さん楽しそうです。

待つこと10分、大きい「焼き岩カキ」をいただきました。

醤油を少したらして、アツアツをいただきます、ウマー^^

結局は最終バスになったけども、久しぶりの「亀屋」で
楽しく酔っ払いました^^

バスを降りて歩いていると、今日も冬の星座がすごく綺麗、
すると「オリオン座」と「月」の間に「流れ星」が、願い事を
三度唱える間も無く、流れ去りました。

今度から、願い事を唱えながら歩こっと > 危ないヤツだな

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.12.12

一ツ橋の「七條」

午後より九段方面へ外出、その途中で昼食をとることに。

せっかくなので普段行かない所へ行きましょう、一ツ橋の
小学館ビル地下一階に美味しい洋食屋があるとのこと、
やってきたのは「七條」です。

12時45分到着、ちょうどお昼のピークが過ぎた感じでした。

店内見回すと8割方女性です、8人掛けの長テーブルに男は
僕一人、ちょっと浮いた感じ。

さて何にしようかな?「カキフライ定食」などありましたが、
予算は千円以内なので(←しょぼい)
「チキンカツ定食」¥750を注文です。

頼んだと同時に「チキンカツ終了でーす」、
どうやら最後のようでした。

F1000374

 スープとライス付き
 
 
 
 
 
 
 
 
肉は柔らかくてジューシー、衣はサクサクこりゃええわい、
ファミレスのそれとは大違い。

しかも最後の一切れまでサクサク。

野菜もたっぷりなのが嬉しいですね^^

隣のOLたんが食べているエビフリャーも美味しそう、じゅるっ。
ついでに(以下略

ワイングラスなどがたくさん置かれているから、夜はまた違った
雰囲気になるのかな?

食べ終える頃(13時過ぎ)には、店内満員でした。
この時間でも一杯なのは珍しいですね、きっと人気が
あるのでしょう。

普段は弁当やらセルフな食堂ですが、たまにはオサレな洋食屋
さんで昼食もいいですね、っと思った一日でした

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.12.03

神田の「開運横町」

土曜日で閉まっているお店が多い神田地区、
ひときは明るい看板の「開運横町」です。

F1000355
 
 寒さ対策でカーテンが
 取り付けられてます
 
 
 
 
 
 
 
十数人で満杯になりますが、土曜日なので閑散としてます。
 
メニューが増えたとのこと、お魚系を充実させたとのことなので、
では「ほっけ」¥350を注文しましょうか。

F1000352
 
 でかい!
 
 
 
 
 
 
 
お皿からはみ出しています、全長40cmほど、味も抜群です!
 
「ホッピ」¥350を氷無しで注文、「ホッピー」一本がジョッキに
ちょうど入るので、美味しくいただけます。
 
メニュー標記、なぜ「ホッピ」なんだろう?

「キャベツ」¥200、ネギ味噌たっぷりつけていただきます。

次は日本酒「開運」、静岡は掛川で造られているとのこと。

F1000351
 
 吟醸 ¥800 
 
 
 
 
 
 
 
日本酒については詳しくないので何とも言えませんが、
キリっとした味なので、ネギ味噌キャベツをかじりながら
飲むの、なんだか合いますね。

「特大ほっけ」、なかなか底が見えない^^;

かなりお腹がきつくなってきたので、このへんで終わりにしましょう。
 
 

 

 
 
 
 
神田駅に滑り込んだ京浜東北線南行き、なぜか「桜木町」行き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神田の「小川町食堂」

神田小川町交差点そばにある「小川町食堂」です

F1000364
 
 カウンターで十数席
 テーブルで30席ほど
 広いです
 
 
 
  
 
 
 
 
 
F1000357
 
 ショーケースには
 おかずがたくさん
 
 
 
 
 
 
 
 
他にも「イカ大根」¥180、「野菜炒め」¥180 などたくさん、
自分で好きなものを取って、席にて伝票を切ってもらいます。
 
まずは「エビス生ビール」¥430、間違いなく「エビス」でした。
 
F1000362
 
 ウマー^^
 
 
 
 
 
 
 
「メンチカツ」と「板わさ」で。
 
 
ここの食堂、他にも「泡盛久米仙」¥450、「伊佐錦」¥420
「白鹿純米吟醸」二合¥800、「ウーロンハイ」¥280などなど
それなりに充実しておりまあす。

なぜかあるのが…

F1000360
 
 「キンミヤ」600cc
 ¥1600
 
 
 
 

 
 
これだけはボトルキープができます、なんで「キンミヤ」だけ
なのかは不明ですが、ぜひ「ホッピー」置いて欲しいですね。
 
お水とか氷とかは無料、各自好みの濃度でいただきます。

お客さんは純粋に食事だけの人と、飲みモードの人とで
半々くらいかな、親子連れの姿も見えます。

お店の(昔の)オネーサン達、皆さん明るくて、こちらまで
楽しくなってしまいます。

しめに「豚汁」¥130、あーっ、おいしくいただきました(^^)

新ボトルを入れたので、名前を書き込んでごちそうさま。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.12.02

北千住の「酒屋の酒場」

「藤や」から歩くこと10分弱、酔いも覚めるころに到着
したのは「酒屋の酒場」

F1000339
 
 
 
 
 
 
  
 
金曜日だから満席かなー、と思いつつ戸を開けると…、
「いらっしゃーい、ちょうどヒマだったのよ」と、ご主人さん。

あいてて良かった!セブンイレブンのCMが脳裏をかすめる。

こちらは「ホッピー」ですね、では氷無しで注文しましょう、
ホッピー1本ドボドボ注いで乾杯です。

F1000336
 
 しめさば、なかおち 
 
 
 
 
  
 
 
こちらの刺身には、毎度驚かされます。質・量ともに大満足、
低価格設定なので、ついついたくさん注文してしまいます^^

あと何と言っても、「イカゲソ」+「イカわたホイル焼き」の競演
ゲソにわたを絡めて食べると、これがまた熱燗にぴったり!

でもなぜかサッポロ「エーデルピルス」特大を注文、この「特大」
ジョッキの推定容量1リットルです。

「何を血迷ったか」と思われたかもですが、ホッピーが空いた
ジョッキでシェアしましょう、といことで特大なのでした。

サクサク「アジフリャー」にも心惹かれますが、また次回に。

そろそろ空いてきたかな?「徳多和良」
 
F1000335
 
 なまこ酢、あんきも ほか
 
 
 
 
 
  

こりゃ日本酒の友ですね、ってことで「樽酒」
 
このあたりから多少の記憶障害になりつつも、美味い肴を前に、
ついつい飲みすぎちゃいます。

気がつけば結構いい時間、北千住駅西口ペデを通り過ぎると
なぜか「九州ラーメン」がおいでおいでと手招き…。

ずるずるーっと完食、今日は確実に飲みすぎ食いすぎ。

北千住→日暮里→東京と順調に乗換えをこなし、酔っ払い乗車率
95%の横須賀線に無事乗車、ぎりぎり終バスセーフ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北千住の「藤や」

やきとり「三ツ峰」を出てから、再び東武大師線に乗りこみ
「西新井」へ、東武伊勢崎線に乗換えて数分で「北千住」

比較的早い時間にも関らず、「徳多和良」は満員、では先に
「藤や」さんへ行ってみましょうか。

F1000340
 
 「地口行灯」
 粋ですね
 
 
 
 
 
ガラっと戸を開けると、カウンター右には(超)常連さん
指定席ですねー、お隣を失礼します。

まずは「スーパードライ(ビン)」から、「豆腐煮込み」を注文

F1000341
 
 煮込み大鍋
 
 
 
 
 
 
ご主人が大鍋から「煮込み」を数本取り出し、裏の厨房?に
姿を消します・・・、待つこと数分、やってきた土鍋には、豆腐
しいたけ、ほか具だくさん。

大鍋と同じ赤味噌仕立て、暖まりますねー^^

「キンミヤ」仕立ての「酎ハイ」、「レモンハイ」を飲み終えて
ごちそうさま、次はどこへ行きましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西新井の「三ツ峰」

同業者の集いで埼玉県宮代町へ、最寄り駅は「東武動物公園」
朝の通勤ラッシュがひと段落ついた浅草駅、東武伊勢崎線の
下り準急電車に乗ること一時間弱で到着。

15時30分、会議を終えて懇親会です、おちゃけおちゃけ^^

ビールで乾杯! スーパードライ(中ビン)あっという間に空っぽ
「ずらずらさん、まあドーゾ」と差し出されたのは「ジョッキ」
なんと「生ビールサーバー」が設置されていたのでした(^^)

しめしめ飲み放題じゃん、とはいえ同業者に痴態をさらす訳にも
いきませんから、中ジョッキ3杯で止めときましょう。

出席者の皆さんとご機嫌ちゃんで上り電車へ、僕は北千住の手前の
「西新井」で下車、二両編成の東武大師線に乗換えて「大師前」へ

うちの課長からとT氏からの情報で、西新井に「樽ホッピー」の
お店があると聞いていたので、やってきたのでした。

大師駅を降りたら環7通りの歩道橋を渡り、東武ストアの裏手の
路地にあるのは、やきとり「三ツ峰」です

F1000347

 ホッピー提灯^^
 
 
 
 
 
 
 
店内はカウンターが8席、2人用の人数可変型テーブルが10卓
ほど、狭い間口の割には広い店内でした。

「いらっしゃーい、何にします?」ご主人さんの奥さんかな?
「ホッピーひとつ、あっ普通のをお願いします」

「ひとつ」は余計でした、一人で「ふたつ」頼まないよなぁ
一人突っ込みを入れる間もなく、やってきたのは…

F1000346

 三冷樽ホッピー^^
 ¥350
 
 
 
 
 
 
アレっ?このジョッキ何か変だぞ、細長い、でも七つ☆。あっ、
これが噂の変形ジョッキか、初めて見ました。

焼き物を頼みましょう、焼き担当はイケメン兄さん、息子さんかな?

通りに面したところで焼いているので、お持ち帰りのお客さんの姿が
ちらほらと、では「レバー、つくね、ふわ」をタレで注文(価格未掲出)

「一本からでもいいですよー」っと、ご主人さん、よく見ると
「ホッピー・ハッピー」のハッピを着用していました。

炭火でじっくり焼いています、はじけた炭がポーンと僕の手元に
「おっ、活きがイイねー」お隣のおじさんとワッハッハ。

そんなこんなで焼き上がりました、二杯目は「黒樽ホッピー」

F1000344

 二杯目でも「三冷」
 ¥350
 
 
 
 
 
 
美味しいです、特に「レバー」と「ふわ」の焼き加減が絶妙です。

お客さん同士「よっ、ひさしぶり!」などと挨拶しています、
常連さん率高いようですが、敷居はかなり低い感じでした。

僕のようなよそ者客でも、親切に対応してくれるからでしょうか。
これだけでも嬉しいのに、「樽ホッピー」まであるのが◎

今日は軽く終わりにしましょう、ホッピー2杯と焼き物3本、
それにお通し(枝豆)、しめて¥950、焼き物¥70/一本?

お財布にも優しい、やきとり「三ツ峰」でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »