« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005.11.25

川崎の「丸大ホール」

今日は川崎の日航ホテルで丸一日講演会、17時終了、
会場は乾燥していて、ノドがからから、ビールビール!
で、「丸大ホール」です。

F1000286
 
 昼に撮影、なんと
 マンションの1階になっていた…
 
 
 
  
 
 
外観は旧店舗と同じで、入口の上にはメニューがずらり。
 
戸を開けると…、6人掛けテーブルが6(だったような)、
厨房は入口右側でした。
 
F1000284
 
 照光式メニュー、
 ずらーり
 
 
 
 
 
 
各テーブル2~3名、皆さん飲酒ご機嫌モード^^
 
まずは「ビール(大ビン)」¥550、お通しは「山菜」、
おねえさんに刺身のオススメを聞くと「さんま刺し」とのこと、
ではそれをお願いします。

F1000295
 
 350えん
 
 
 
 
 
 
 
見た目がキレイですね、なぜかガリが添えられてます。

お客さんが帰られたあと、おねえさんがテーブルから床まで、
念入りに磨いています、床は長尺塩ビ貼り、ピカピカです。

ビールは水冷式で冷やされています、よくみると「一番搾り」、
「スーパードライ」、それと「キリンラガー」の三銘柄。

だまってると「キリンラガー」なのね、男はだまって「サッポロ」
これは加山雄三ですね。

なんてことを一人つぶやきながら飲むビールも格別ですね。
        (↑危ないヤツだな、おれ)
 
大ビン一本急速注入で、すっかりご機嫌モード、お会計¥900
  
・・・・・・

昼間チェックしといた立飲み店へ、生ビールを頼むと間違いなく
発泡酒、やられました。
 
とっとと退散です。

・・・・・・

18時過ぎに「ホッピー仙人」到着、金曜日の「ホッピー仙人」
まったりモードでしみじみとホッピー、ついつい5杯…。

その後、どうやら「お秀」と「ムービースター」へ行ったようですが、
記憶がキレイにすっ飛び轟沈。

関係各位にはご迷惑をお掛けいたしました(^^;

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005.11.24

亀有の「もつ太郎」

今日は亀有の「もつ太郎」に行ってみました。

亀有駅に降り立つのは初めてですが、なんか見覚えのある景色、
そっか、「こち亀」で見ていたからでした。

お店は駅南口から歩いて2分ほど、「もつ鍋」の提灯が目印です。

店内カウンターとテーブル、小上がりで合計30席弱でしょうか、
取りあえず「生ビール」¥525で乾杯!

では「もつ鍋」¥840を一人前注文、その前にスピードメニュー
「ぴり辛もやし」¥315と「キャベツ」を注文。

これも忘れてはいけません、
 
F1000293

 「串焼き5本セット」¥735
 
 
 
 
 
 
  
熱々の鉄板の上に串焼き、さらに玉子がのってます、これには
びっくり、初めてみました。

タレをかけていただきます、なるほど時間がたってもアツアツ
のままいただけますね、玉子とタレとの相性が抜群です。

ついついビールが進みます、こちらのビール、注ぎ方が良いのか、
鮮度が良いのか、「生」らしくて? 美味しいですね。

メニューを見渡せば「明太子」¥315、これも注文。

めんたいには焼酎でしょ、てことで「オリジナルブレンド焼酎」
ロックでいただきますが、これまた相性抜群!¥315でお得。

さて、カセットコンロの上に「もつ鍋」がやってきました。
「博多風のこってり味」と「東京風のあっさり味」、では、
あっさりといきましょうか。

F1000292
 
 撮影をすっかり忘れて、
 半分以上食べた後です…
 
 
 
 
 
 
今までの「もつ鍋」のイメージが、音を立てて崩れ去りました、
素晴らしいの一言です、エクセレント!

あまりにも美味しいので、アっという間にお鍋はカラッポ、
キャベツとニラを追加注文、残ったスープでもう一度お楽しみ。

「二度楽しめるお鍋ですねー」などと言ってたら、そうそう、
忘れてました、しめの「おじや」があったのでした。

「おじや」専用にアレンジされたご飯を投入、煮え立ってから
15秒そのまま、火を消してから3秒後、とき玉子を投入、
よーくまぜまぜして完成(←なべ奉行か、おれは)

F1000289
 
 「鷹の爪」をちょいと添えて
 
 
 
 
 
 
見事にしまったところで終了です、気が付いたら満席状態でした。

お会計二人で¥5934、次は「こってり博多」を試しましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.22

立石の「おでんや」

今日は出先より(強引に)直帰につき、立石で途中下車。

17時過ぎに立石到着、「宇ち多゛」、あらま行列ができてます、
それなら先に「ミツワ」へ行ってみましょう。

「ビール(大ビン)」¥500、気合が入った冷え具合で満足。

刺身は「アジ」、「サンマ」、「シメサバ」、ヒカリモノばんざい!
この3品盛りで¥500、焼き物は「鰻くりから」¥280、
「シロタレ」¥170、満足度非常に高いですね。

さて次は「宇ち多゛」へ、「梅割り」、「煮込み」、「大根お酢」、
「レバタレ」で、サクっと終了。

やっぱり足が向いてしまいます、「ゑびす屋食堂」ですね、
メニューを見渡すと、「湯豆腐」が始まったようでした。

ホッピーと一緒にいただきまーす。

こちらの湯豆腐、一人前土鍋で出してくれます、嬉しいですね。

テレビでは「NHK歌謡コンサート」が、今日会場のNHKホール
には、「ずら母」が見に行ってます、ダ・カーポの追っかけ(笑)

「ほうれん草ベーコン」など突っつきながら「ホッピー」追加、
おっと、ダ・カーポ登場です。うちの近所に住んでたので、
よくお見かけました。

さて「三平」で「黒ホッピー」を飲もうと潜入を試みるも、休前日
につき満席、では最終目的地の「おでんや」へ行きましょう。

「鳥房」の奥にある「呑んべ横丁」、その入り口にあるこちら、
カウンターに10席弱、小上がり一つでこじんまり。

ではまず「おでん」、煮汁は薄めの色で、味付けも上品、
「大根」と何かをいただいた(記憶障害)

お店は「おでんや」だけど、メニューには「キーマカレー」
 
F1000269
 
 
 
 
 
 
 

レタスと一緒にいただきます、コレ、美味しい!

カレー好きにとってはたまらないお店かも、では続いて
「カレー・もやし・たまご」(名称記憶障害)、いや、参りました。

おでんだけかと思いきや、このハイレベルな品々、
「おでんや」、恐るべし・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.11.08

浜川崎の「浜川崎商店(後藤)」

「文福」を出てから武蔵小杉駅へ向かい、南武線川崎行に乗車、
10分弱で尻手に到着です。

ここで南武支線浜川崎行の2両編成のワンマン電車に乗り換え、
車掌さんが乗ってないのですね。

ゆっくり進む205系電車、数分で終点の浜川崎です。

F1000240

 浜川崎駅前にあるのは、
 「浜川崎商店(後藤)」です。
 
 
 
 
 
 
 
前回は土曜日であったために、中の様子は分かりませんでしたが、
今日は平日、営業していました。

その実態は、スタンディングバーでした!これにはビックリ商店!

U字カウンターにお客さんが鈴なり、お一人様なんとか入店です。
まずは「ホッピー」¥400、代金は後払いみたい。

ホワイトボードに書いてある本日のサービス品 「トマト」¥100
(一番若い)お姉さん、「はーい、どうぞー☆」っと、お箸と塩を
差し出してくれました。    (お姉さんめちゃくちゃかわいい)
 
F1000238
 
 ホッピーは氷入り
 
 
 
 
 

いわゆる「中追加」、焼酎のおかわりが標準のようでした。
 
 
F1000237
 
 
 
 
 
 
 
 
推定80のおばあちゃん、その娘さん、そのまた娘さんでお店を
やっている模様、何年前から営業しているんだろう?

「缶酎ハイ」¥230の売れ行きが良いみたいです。

他にもメニューがたくさん、焼き物や炒め物など充実しているみたい、
次回のお楽しみにしましょうか。

「ごちそうさま~」、お会計500円玉一枚、今日は予算に余裕あり、
では軽く野毛入りしましょう^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »