« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005.09.30

神田の「100Dining」

関内にある設計事務所から電話、
「ずらさ~ん、書類を取りに伺いますが・・・」
「えっ、いいっすよ、郵送しますよ」
「大事な書類だから、取りに行きますよ」
「じゃぁ私がお持ちしますよ、関内駅で待ち合わせましょう」
「横浜まで行きますよ」
「じゃぁ桜木町の改札でいいっすか?」
ということで桜木町行きが決定w


神田警察署通りを神田駅北口に向かって歩いていると、
「江戸の戯言(仮称)」というブログで紹介されていた
「100Dining」を発見! ちょっと寄り道することに。

三州屋の向かいにあるビルの1階と2階で営業、照明を上手に
使ったオシャレな店内、活きの良い若いお店のお兄さん、こりゃ
女性客にウケそうですな。

ショーケースには小皿に盛られたツマミ類がたくさん、「枝豆」
「チーズ」「ポテトチップ」さらには「バナナケーキ」から
「チョコレート」などのお菓子類まで多種多様、
見ているだけでも楽しいな。

飲み物はとりあえず、「生ビール(スーパードライ)」¥100を注文

2005-0930-1735
 
 えだまめ
 
 
 
 
 
 

一人で飲んでる姿を会社の人達に見られたくないので、死角となる
位置で壁に向かって一人で乾杯(暗いなオレ)

その百円生ビール、グラス内の容量113cc(推定)、僕が乗ってる
バイクの排気量と同じ位かな。

グビっと飲むとしっかり旨い、生とかいいながら発泡酒出す店も
ありますからね。
200円出すとジョッキ(推定容量249cc)で出てきます。

二杯目は「レモンサワー」、これまた¥100。
氷だらけでもなくて、ホントに¥100でいいの?て感じです。

ちょいと腹減った状態だったので「おにぎり」を注文、海苔が別々に
なっていてパリパリ、なぜか海苔が4枚もついてくる。

最後に食器類を返却口へ戻して終わり、セルフなお店です。
10分ちょっとの滞在で支払い合計¥400、こりゃすごいや。

それでは大事な書類を持って、桜木町へゴー!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.09.07

神田の「やきとり屋」

お隣に住むKKさんから、「近くに樽ホッピーのお店を発見!」
との連絡を受け、さっそく実態調査となりました。

再開発が終わった神保町三井ビルと三省堂に挟まれたこの
地区、いや~刺客、じゃなかった死角でした。

さくさくっと仕事を切り上げ、途中くすりの福太郎でウコン粒を
買い込み準備完了、数分で現場に到着。

その路地裏にあるのは「やきとり屋」(店名そのままじゃん)
「生樽ホッピー」の白いのぼりが風に揺れていました。
それにしても今日は風が強い、飛ばされそう。

ガラリと戸を開けますと、一階にカウンターが15席ほど、二階は
テーブルで20席ほどでしょうか、わりとゆったりとした店内です。

さてメニューを見渡すと、壁には「生樽ホッピー¥400」・・・
うおーっ、と声は出さなかったけども、これを注文。

混んでいるにもかかわらず、スグに出てきました。

きめ細かな泡、純正ホッピージョッキ、氷無し、パーフェクト!
焼酎の銘柄は不明ですが、ちょっと濃い感じ。

するすると2杯目を飲み終えて、次は試しに「ビンホッピー」
¥390、これはダメでした。ビールジョッキに氷がたくさん。

この10円の差って一体・・・。

そうそう、肝心のやきとりですが、これは手間ひまが掛かって
いそうだ。

「ふんどし(小腸)」、「ふえ(気管)」・・・、焼きトンでなくて鳥で
この部位、なじみが薄いですね。

焼き物は一本¥170前後、二本で¥170に慣れている身に
とっては高いけど、内容からすれば非常に良心的な価格。

「ポテサラ」、「だだちゃ豆」各¥400、味は非常に良し、量も
多くて満足度たかし。

まだまだ開拓の余地あり>神田、あぁ神田、罪深い街です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.09.05

八丁堀の「たん 助六」

八丁堀駅A3出口から本八丁堀交差点を渡り、新大橋通り沿い、
牛タンの「たん助六」であります。

F1000056

 ど派手な看板で、
 すぐにわかります。
 
 
 
 

  
 
 
 

一階はカウンターとテーブル席、二階は座敷で収容人員は
60人くらいでしょうか、結構広いです。
 
 

F1000054

 「牛タン煮込み」と
 「タンから揚げ」
 
 
 
 
 
 
カロリーがきになるき。

いやいや、この際どうでもいいです。
よーく煮込まれた肉とか野菜、いい味だしてます。

から揚げは衣に秘密が、初めての味わいです。


F1000055

 「牛タンつくね」と「タン塩焼き」
 
 
 
 
 
 
 

この牛タンつくね、めちゃくちゃ柔らか、マジでウマー^^
 
タン塩焼き、こちらの芋焼酎とよく合います。 

で、その芋焼酎はこんな感じです。

F1000066
 
 
 
 
  
  
 
  
おみやげにいただきましたが、何に使いましょうか。

    タン壷小僧?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »