« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005.03.30

神田の「はま寿司」

20050330_2124_000
「はま寿司」 神田駅北口より徒歩2分、神田警察署通にあります。

異動により、酒のみ仲間が地方へ行ってしまうため、神田で送別会です。

いつもの「440家」「かどころ」で焼き物を堪能した後は、お寿司です。

「はま寿司」は、カウンター席のみで二十人位座れます。

ビールはアサヒスタイニー¥300、酒は菊正宗一合¥450です。

「シメサバ」「中トロ」「アジ」「鉄火巻」「イワシ」そして「ホタテ」等など注文です。

安くてネタは新鮮、回転寿司屋なんかよか、百倍美味しいです。

駅近くの一等地、しかもカウンター席(カウンター席しかありませんが)の寿司屋では会計時に怖い気もしますが、こちらで過去に三千円以上払ったことは無いので、安心して飲み食いできます。

日本の勝利を見届けて、こちらもゴールとなりました。

お会計一人あたり¥2300、大満足な「はま寿司」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.26

野毛の「たまや」

20050326_1755_000
今日は桜木町で友人と待ち合わせ、時間まで野毛ぶらぶらです。

「たまや」は中央通り沿いの角地にあります。
カウンターに7~8席、あとはテーブル席があります。

今の時期は「おでん」が有るとのこと、早速注文しました。

「ちくわぶ」「はんぺん」「大根」そして「玉子」です。

大根は芯まで味が染込み、やわらかです。

酒は「熱燗」を頼みました。
純米の「玉乃光」です。おでんによく合います。

おでん以外では焼き物メニューが並んでいます。

「レンコンつくね」を頼んでみました。
中はやわらか外はパリパリで、味も食感も最高です。

こちらのご主人、昭和9年生まれの71才だそうです。

私の父親も、生きていれば同じ71才なので、親しみを感じました。

本日の「たまや」、熱燗を2杯いただき¥1790でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.03.24

神田の「まつや」

20050324_1846_00020050324_1824_000
神田の蕎麦屋の王者「まつや」です。

月一回の「まつや」での定例会です。

本日は6人の参加でしたが、要予約の卵焼き、通称「小判焼き」を5人前予約です。

予約の電話で、「ホントに5人前もですか?」と問われましても、「うちら大食いですから」と切り返しました。

こちらの卵焼き、相変わらずの逸品です。5皿も並びますと、周囲の注目の的です。

さらに「そばがき」¥1000です。

こちらの「そばがき」、丼一杯分はあるのですが、中はふっくらとしていて、ソバツユとからめますと、断面にツユが程よくしみ込み、最高なのです。

熱燗は30本位消費しました。完全に居酒屋として利用しています。

〆は「せいろ」です。

それでも食い足りない我が集団は、さらに「カレー南」を追加して、たっぷりと「まつや」を堪能したのでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.03.16

飯田橋の「伊勢藤」

20050316_1710_000
飯田橋駅の新宿寄り出口から牛込橋を渡り、神楽坂を300mほど歩きまして、みずほ銀行の近くを右に曲がると、木造2階建に渋い縄のれん、見つけました「伊勢藤」です。

戸を開けますと、土間に薄暗い照明、渋い色になっている柱や大梁と、今までに経験したことが無い空間です。

カウンター(6席ほど)に座ります。
囲炉裏端で燗付けをしている主人から「熱燗でよろしいですか?」と問われましたら、「はい、お願いいたします」と、思わず背筋が伸びてしまい、緊張している自分がわかります。

炭火で丁寧に燗付けしている主人は、まるで日本酒「白鷹」に魂を吹き込んでいるかのようです。

お通しが出てきます。
「玉子焼き」「イカの塩辛」「漬物」「じゃこと野菜のあえたもの」そして「汁」です。

日本酒をじっくりと味わいます。

先客の2名(男女で連れでは無いみたい)は、ずっと無言でいます。

私は上司と来たのですが、会話もできないような静寂な時間が過ぎます。
時折、炭のはじける音だけが響きわたります。

小声で上司と「武蔵屋さん・・・」などと話をしていますと、隣の男性、「今、休業のようですね・・・」と、話しかけてきました。

福田フライなどの話をポツポツとして、しかしながらずっと喋るわけでもなし、この店では適度の会話でよいのです。

お通し以外では「くさや」など十種類ほどありました。

熱燗おかわり二本で合計三本、追加料理で「丸干」を頼みまして、お会計一人¥3500位となりました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.03.15

日暮里の「なかす」

20050315_1932_000

日暮里または西日暮里駅近くの、炭火焼 薩摩地鶏 「かしわ屋なかす」です。

カウンター席に6席ほど、テーブルに20人ほど座れます。

木をいかした内装と、店の若い衆が元気良くて、よろしいです。

早速に「ホッピー」を注文です。ジョッキに焼酎と氷が入っていて、ホッピーが1本出てきます。
かなり高濃度なホッピーとなります。

「砂肝」「つくね」「キムチ」を注文です。

「砂肝」は一皿に3本、「つくね」は2本ですが、3人なので3本にしてもらいました。

こちらの「つくね」、やわらかいのですが弾力ありで、さらにはカリっとした食感が最高です。甘めのタレとの相性がバッチリでした。

「砂肝」も「キムチ」も、ウマウマです。

次は「白鍋」¥1100です。

一人前ですが、土鍋には鶏肉、野菜がたっぷり入っています。

最後に雑炊でしめました。
鳥本来の旨みのみで引き出されたスープでの雑炊で、大満足です。

お会計3人で¥6900と、思ったよりも安くて驚きました。

(八時まで、生ビールは最初の一杯は半額とのことです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.12

宮城の「遠刈田温泉」

20050312_1640_00120050312_1617_000

常磐線友の会による旅行がありまして、宮城県の「遠刈田温泉」へ行ってきました。
白石蔵王から車で30分程、蔵王の「お釜」の近くにあります。

まずは、「雪中バーベキュー」です。
雪の中でバーベキューとは、地元の人でも絶対にやりません。

ここで肉や魚を焼いて食べた後は、鮎を焼きました。夏に釣ったものを、冷凍していたそうです。

これをカリカリに焼いてから、熱燗にぶっこんで、「鮎の骨酒」です。
うまい、実にうまいです。降りしきる雪の中を、実に贅沢です。

すっかり冷えた体には「遠刈田温泉公衆浴場」です。
入浴料¥250で、地元の人たちの社交場となっております。

茶色っぽいお湯で、広々とした浴槽は、湯けむりで先が見えません。実に味わい深い温泉です。

本日の宿泊先は「ペンションそらまめ」です。

こちらのペンションは、源泉かけ流しの温泉と、美味しい料理が自慢です。

こちらのオーナーは、横浜からこちらの蔵王でペンションを開業されたとのことです。

朝食は美味しい「パン」が自慢です。

良い温泉、美味しい料理、ちょっと遠いですが、おすすめのペンションです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.03.09

蒲田の「辰万」

20050309_1849_000
蒲田の「辰万」です。
本日の蒲田ナビゲーターは、T氏^^です。
蒲田駅改札で待ち合わせをしましたら、すでにK氏もご到着でした。

早速に目的地「辰万」に向かうも満員でしたが、強引に奥の特等席に陣取ります。

席と言っても立ち飲みなので、席はありません。

まずは「サッポロ赤星」¥430です。つまみは、「小アジ揚げ」に「ピリ辛ネギ」、「マグロ」¥290など二人前づつ注文しました。

「小アジ」は芯まで火が通っていて、サクサクパリパリ、赤星にピッタリです。
「マグロ」は、寿司ネタでも通用するような逸品でした。

30分程滞在、赤星3本、四人でお会計約¥2800でした。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005.03.05

町屋の「ときわ食堂」

20050305_1826_000
町屋の「ときわ食堂」です。

千代田線/京成町屋駅より、都電荒川線の線路を越えて徒歩三分くらい、京成の線路沿いにあります。

店の前には自転車が10台以上並んでいて、大盛況のようです。

テーブルで40席、小上がりに10人ほど座れます。

戸を開けますと、50才以上のお客さん(地元の常連さん)で大賑わいですが、三人分の席を空けてもらいました。

いつの間にか「ホッピー」が置いてありました。では「ホッピー」¥380を氷抜きで注文です。ジョッキに焼酎が入っていまして、ホッピーは別で出てきます。

食堂なので、食べ物メニューは100を超えています。「ポテトサラダ」「シメサバ」「にこごり」「カキフライ」「ゲソ揚げ」「イカリング」「カツカレーのご飯抜き」・・・たくさん注文しました。値段は各¥300前後です。

どれを食べても、質・量ともに大満足です。

「熱燗」¥250や「牛乳割り」「トマト割り」などを追加注文です。

ほぼ満席ですが、注文してから待たされることが無いのがさすがです。調理場が広くて人も多いためでしょうか。

威勢の良い女将さんが仕切っています。店の人もテキパキと動き、古いながらも清潔感があり、好感が持てます。

本日の「ときわ食堂」三人で¥5850、早い安い旨い三拍子+気持ちの良い店でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.03

関内の「POWWOW」

20050303_1944_00020050303_1931_001
野毛の「鼓場」さん改め「POWWOW」です。

本日3日が新装開店とのこと、早速お邪魔しました。

みなとみらい線大通り駅から徒歩数分、横浜開港記念館の裏手にあります。

ビルの2階にありまして、カウンター席が4席、テーブルで40席ほどあり、広々しています。

焼酎やウイスキー、バーボン等々が並んでいて、雰囲気が最高です。

カウンター席に座りますと、まだ数回しか行ったことがないにもかかわらず、私の事を覚えていて下さり、声をかけていただきました。

早速に「ハートランド」¥500を頼みました。やっぱり美味しいですね。

そして「チーズオムレツ」¥580と「POWWOWカレー」¥680をいただきました。

チーズオムレツは、見た目も美しく、フレンチのようです。ふっくらウマウマでした。

カレーは、以前にもまして、深みが増した感じがします。辛いカレーというよりは、欧風カレーでした。ホント、旨かったです。

本日のお会計、ハートランド2本とカレー、チーズオムレツで¥2260でした。

中区南仲通1-14三金ビル2階、ランチ11時~14時、ディナー17時~23時、日曜定休です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »