« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005.02.28

立石の「三平」

20050228_2008_00020050228_1907_000

立石の「三平」です

宇ち多より、線路を越える地下通路を通りまして、駅の北側の路地を3本程越した所にあります。

「ホッピーのちょうちん」が、心をそそります。

カウンターに10席、小上がりに20席ほど座れます。

早速「ホッピー」¥380を注文すれば、見事に「氷無し」「純正ホッピージョッキ」「しかもジョッキ冷凍仕様」

これ以上望むならば、中身は「キンミヤ」ですが、今回は、そこまでは取材不可でした。

しかしこのホッピーは、間違い無く正統派でした。キンミヤかどうか、そんなことはどうでもよいです。うまいです。

つまみには「ハツきゅうりネギ」「スパイシーポテト」「ゲソ揚げ」各¥300をいただきました。

どれも言うことはありません、旨いし安いです。

ホッピーはクロも有りです。二杯目を注文しても、ジョッキは冷凍仕様で出てきます。

試しに三杯目を注文しましても、見事に「純正ホッピージョッキ」+「冷凍仕様」でした。

立石、恐るべしです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

立石の「宇ち多゛」

20050228_1848_000
串揚げの後は「宇ち多゛」です。

上司に連れられて来て以来、ハマりました。

しかし、一人で入れるようになったのは、数ヶ月前です。

初めて一人で行った時、「課長、昨日宇ち多゛に一人で行きましたよ!」と言いましたら、「zura、お前も成長したな」と、お褒めの言葉をもらったくらいに、入りにくいです。

最初に入る時は、呪文のように「シロたれよく焼き、ウメ割・・・」と暗唱しておりました。

近頃では、「シロたれ、ウメ割」この二品で¥340が、気に入っております。

¥340を渡して、サッと帰る瞬間が、「通」っぽくて、一人で悦にひたっております。

というか、ウメ割3杯飲みますと、他に行けなくなるので、サッと帰るのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

立石の「串揚げ100円ショップ」

20050228_1820_00020050228_1825_000
立石の「串揚げ100円ショップ」です

私はここの串揚げが大好きで、世界一と勝手に思っております。

こちらのマスターが、横浜のGさんに似ているとのこと、潜入取材を試みました。

ずら)「マスター、横浜ではソックリさんの話題で持ちきりですよ~」
串揚)「その人やっぱりスケベなの(笑)」
ずら)「多分ね」(Gさんごめんなさい)
串揚)「今度連れてきてよ」
ずら)「そのうち来ると思いますよ」

そんなやりとりをしながら、「れんこん」「ささみチーズ」「ハムカツ」さらに「酎ハイ」を3杯程いただきました。

マスターに「撮影いいっすか」と言いましたら、「じゃんじゃんOK」とのことで、撮らせていただきました。

ただし、ずらの携帯カメラの性能が悪いので、これが限界です。

そして立石ハシゴのはじまりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.24

神田の「まつや」

20050224_1744_00120050224_1820_001

神田の蕎麦屋「まつや」です。

年越し蕎麦の風景で、よくテレビ中継に登場します。

正面右が入口です。
高い天井の広い空間には、80人位は入りそうです。

ビールは銘柄が選べます。迷わず「サッポロラガー大ビン」¥650からスタート。

料理は「鳥わさ」「ゆばわさび」「焼鳥」「わさびいも」各¥600、それと「にしん棒煮」¥700を一気に注文。

テーブルの上は、まさに芸術品です。

「熱燗」(一合)¥600で、これらの料理をいただけば、最上級の幸福の時間が過ごせます。

その次は「卵焼き」(要予約)
小判型なので、「小判焼」とも呼ばれているとか。
さすが蕎麦屋さん、ダシの具合が最高です。

中締めに「てんぬき」二人前注文。
一人前では、海老天が2つ入っているので、ひとり一本づつのお椀に分けてくれました。
こういった店の心配りが嬉しいです。

締めは「もりそば」¥550、「カレー南」¥900を4人で各2コ注文。
半分づつ分け合えば、二倍楽しめます。

満腹で大満足な「まつや」でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.02.19

堀切菖蒲園の「哈爾濱餃子」

堀切菖蒲園の「哈爾濱餃子」(今日は行っていません)

「アド街」を見ておりましたらランクインされていましたので、また行きたくなってしまいました。

こちらは京成堀切菖蒲園駅の南側、スーパー赤札堂の先の大通りの角にあり、徒歩5分弱です。

カウンターに5席のみで、持ち帰り用のカウンターが外に面してあります。

テレビでは「トマト水餃子」が紹介されていましたが、餃子は他に数種類ありまして、水か焼きかが選べます。

ジュワーっと肉汁とスープが広がり、実に美味しいです。

餃子の他には「ニラまんじゅう」「シュウマイみたいなの」「ラーメン」等のおなじみから、「砂肝炒め」他のつまみメニューまで、たくさんあります。

酒は紹興酒や50度近いゴチャピーまで、本格的に楽しめます。

こちらのご夫婦は、旦那さんは中国人ですが、奥さんは中国残留日本人であり、十数年前に日本に来られました。

来日当初は、私の勤め先の関連会社で仕事をされていました。
慣れない仕事と日本での生活で、相当のご苦労をされていたと、当時の上司から聞いています。

その上司も、ご夫婦が店を出して繁盛店となったことに、大変喜んでいました。

ご夫婦の笑顔と美味しい料理の裏には、日本と中国との不幸な歴史が隠れてはいますが、愛情がいっぱい詰まっています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.02.14

神田の「かどころ」

20050214_1820_00020050214_1754_001
ふたたび神田の「かどころ」です

開店時間の17時に到着。日が長くなりました。外はまだ明るいので、ちょっと気が引けます。

とりあえずビールのあとは、「神田ボンバー(大)」¥450です。ウオッカベースで、ハチミツやら何やらが沢山入っています。ちょっと甘めですが、度数は高めです。

「スパム」¥100(写真)の炭火焼の塩っけには、「神田ボンバー」が良く合います。

他に「牛スジ煮込み」¥290です。
あっさりとしていますが、味がしっかりしていて、何を飲んでも良く合います。

一時間の滞在で、「生」「シークワーサー」「神田ボンバー」「熱燗」を飲みきってしまい、18時には千鳥足となっていました。

お会計一人当たり¥1800でした。

これではホッピーが足りないので、「神田小路のふじくら」で、ホッピー二杯¥700にて終わりとなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.08

神田の「かどころ」

20050208_1801_00020050208_1846_000
神田の正真正銘のガード下「かどころ」です。

神田駅東口から秋葉原方面に徒歩3分くらい、神田一番街通沿いで、新幹線線路の下、ちょっと寂しい所です。

三角形の二階建ての建物で、広さは六畳程しかありません。カウンターに5人、東海道線クラスの詰め込みで10人位は入れます。

炭火焼きがメインです。「たんした、かしら、レバー、豚なんこつ、しろ(写真)、ねぎま、すなぎも、スパム」が定番メニューみたい。右から全部注文です。

ここは注文してから肉を切り、串に刺して焼き始めるという、実に見事なこだわりです。

煙が凄すぎて、外へ避難しました。気が付けば外でもお客さんが立ち飲みでした。

「しろたれ」焼き方が見事で、パリパリとトロトロ、実に旨い。

飲み物は、サッポロ生¥400、エビス黒小ビン¥390、剣菱¥250、酎ハイ類¥300前後です。

「神田ボンバー¥450」謎な飲み物だ。次回挑戦しましょう。

ホワイトボードのメニューには、40種類ほど書かれていました。

30前後の若い店主が一人で切り盛りしていて、とても忙しそうですが、テキパキしていて気持ちいいです。

串の値段は不明でしたが、一本100円弱でしょうか。
立ち飲みで2時間も滞在、4人でお会計¥9800でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.02.03

札幌の「炭や」

20050203_1958_00120050203_1958_000
カニを大量に食べた後は、札幌市内をブラブラと散歩です。
狸小路のアーケード内を歩いていると、色々な店がありました。

行き来して、気になった店へ入ってみました「塩ホルモン炭や狸小路店」です。

店内は炭で焼く煙でモウモウとしています。1階と2階があり、2階の座敷に案内されました。

生ラム¥420を二人前、ミノ¥420、酎ハイ¥262を頼みました。

塩ホルモンの店名とおり、タレはありません。

生ラムは厚切りで驚きました。さっそく焼いてみましょう。写真では青白く写っていますが、炭の具合が絶妙です。
生ラム肉は、塩だけなのですが、厚切りというよりは肉の塊にもかかわらず、非常に柔らかくて臭みがありません。
今まで食べた羊肉の中では一番です。

タレでなく、塩だけでこれだけの旨さを引き出すとは、恐れいりました。
しかも¥420と低価格、他のメニューも¥300~¥400が中心でした。

ミノも「これがミノ?」と思うくらいの肉でした。噛み切れるミノは初めてでした。

酎ハイは氷少なめの炭酸水タイプで、下町酎ハイのドライ感が、肉によくあいます。

最初からここに来れば良かったです・・・。

他に酎ハイとサワーを頼んで、お会計は2人で¥2250でした。

中央区南2条西7丁目(狸小路7丁目)です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

札幌の「えびかに合戦」

20050203_1812_00020050203_1754_000
札幌三日目は、カニを食べようとのことで「えびかに合戦」です。

すすきの中心街のビルの12階にあり、札幌の夜景がキレイです。

タラバ脚、ズワイ脚、毛ガニ、茶碗蒸し、海老天、カニ寿司などが食べ放題で¥4200です。
飲み放題は¥1050で、制限時間それぞれ90分一本勝負です。

最初にカニ類や寿司、海老天などが一気にやってきます。

まずはカニ以外のものを一気に食べます。
そしてお目当てのカニです。まずはタラバから、非常にデカイですが、味はしっかりしていて美味しいです。

ズワイも同じく言うことはありません。

最後に毛ガニです。一匹丸ごとなので、ミソも堪能できました。しかし毛カニを食べるだけで30分近く取られてしまった。

カニに夢中でビールなど飲む暇もありませんでした。

カニの追加を頼みましたが、毛カニは時間が掛かるので遠慮しました。
スタート1時間を過ぎた頃から、お腹一杯です。もー食べられません。

カニだけだと、最後は飽きてくるという、何とも贅沢な話しです。

もうカニはしばらく見たくないです。

トイレには、「食べ過ぎ飲み過ぎによる食当りは、当店は一切責任を取りません」との張り紙がありました・・・。

キリン生は¥450なので、2杯だけでは元は取れません。
貧乏根性丸出しで、3杯目を強引に押し込んで、制限時間一杯です。

お会計三人合計¥15750でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.02

札幌の「サッポロビール園」

20050202_1848_00020050202_2023_000
宿泊先よりタクシー¥1400で、やって来ました「サッポロビール園」
最初に案内館みたいな所で、何を食べたいか希望を言うと、それに見合った建物に案内されます。

「ジンギスカン」と希望を言うと、紙を渡されて、ポプラ館へ案内されました。

ビールを飲むなら、飲み放題が100分で¥1500がお得です。
ビールはハーフ、黒ナマ、クラシックなどたくさんあります。他にサワー、ワインなどが飲み放題。ナマは500ccで¥500~¥580なので、3杯で元が取れます。

ジンギスカン野菜付き¥1380二人前とソーゼジ¥580を頼みました。
ソーセージは3本とザウアークラウトがついて、ビールに合います。

ジンギスカンの焼き方を教えてもらい、いざ点火。
結構厚切りな肉で、さっぱりしたタレにつけて食べると、柔らかくて臭みも少なくて旨いです。
ビールが進みます。

ジンギスカン食べ放題コースもありましたが、そうそう食えないだろうとのことで、単品コースにしました。

あとはイカ一夜干、キムチ¥430などをたのみました。

あっという間の100分でしたが、気が付いたら制限時間よりも20分程オーバーしていました。

お会計3人で一割券を使用して¥8200ほどでした。
思ったよりも安くて大満足のサッポロビール園でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.01

札幌の「グランド居酒屋富士」

20050201_1916_000
札幌一日目は、ホットペッパーのような割引券付きの、観光客向け冊子に出ていた「グランド居酒屋富士」です。

すすきのメイプル通りにあります。

ビルの2階から6階までが店で、4階から上は宴会専用とのこと。1フロア20組100人は入れそうです。小綺麗で、地元の団体名らしき歓迎札もあり、とりあえず安心しての入店です。

まずは「サッポロ生」¥430、実に新鮮でうまいっす、この一言に尽きます。

料理は北海刺身盛り(写真)¥1600です。ホッキ貝、ホタテ、甘えび、サーモンなどが冷凍でなく、地のモノであるのは間違い無いと思いますが、見本写真より品数が少ないような・・・。きっと仕入れの価格差(時価)なのでしょう。
しかし、鮮度については抜群だと思いました。

あとは、本日お薦めの、活だこ刺し¥380などです。ナマなので食感と風味は抜群でした。ちょいと量が少なめでしたが・・・。

他に旭川の男山¥400、串盛り5本などをいただきました。

3人で約1時間程、一割引券使用で¥6590でした。

※翌日、地元の北大生に聞いたところ、ここは「グラ富士」と呼ばれていて、大勢での一次会で利用するとのことでした。
すすきので飲む時に、私達のような札幌に詳しくない人にとっては良い所だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌の「ラーメン心龍」

20050201_2054_000
「グランド居酒屋富士」のあとに、すすきのをブラブラ。とある北海料理の店に入りましたら、店の作りは豪華でしたが、高くて大失敗。
どうも難しいです。

そうそうに引き上げて、ラーメン屋を目指しました。
新規開店と看板にあった、「ラーメン心龍」です。

メニューは、味噌、醤油、塩と後一つ(忘れ)の4種類のみ、各¥700です。

味噌ラーメン(写真)は、チャーシューもたっぷりで、挽肉をからめたスープが、味噌のコクと相性バッチリでした。

私はラーメン屋については詳しくありませんが、美味しいラーメンでした。

中央区南3条西6丁目のあたりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »